« アベノミス | トップページ | 東京五輪は延期しようか »

借り着や 回し着で 祝いはしないもの ~ 三才御祝 ~

S様

いつもご親身にお気遣いをいただきまして
有りがたく 感謝を申し上げております
 
お話しの出ましたことが 何かの 御縁で
あるのかと存じております
お嬢ちゃま三歳の
「七五三御祝い」の事でございますが
古来からの風習で謂えば数え年の
「十一月 十五日」にお嬢ちゃまの為に
赤ちゃん時代の【一つ身】とは異なり
背縫いをつけて縫う【三つ身】の着物を
新調なされて
「三つ身の着物」初おろしをなさるのです

「この子の為の この子の着物」を着せて
ご両親共々 S家の氏神様に
御参詣されて 健康に育たれた御礼と
お嬢ちゃまへの御加護と 向後への
御守護とを祈るのが 本来の趣旨であり
「三歳髪結いの儀」とされております 

当今は残念な事に
【写真撮り】コマーシャルに煽られて
レンタルの着物を着せる事で
終始している風潮ですが
江戸っ子は
「借り着や 回し着で 祝いはしない!」と
胸透く啖呵台詞のような心掛けを
大事にしておりました
堅実なご家庭の皆様方には
私ども ひらさわ呉服店が
多くのお引立て賜り 御祝着を御新調を
頂いております


【三才】は 
「三つで 満っ身 丈夫に育つ」と言って
一 それまではハイハイで
   愛玩動物のようだった子に 
二 背縫いのある三っ身の着物を
   初めて着せるのです
三 三っ身の着物を着せる事が
   三才祝のご縁起です
三 満身のエネルギーで
   起ち上がった児への祝です

      ひらさわ呉服店
        平澤建二

|

« アベノミス | トップページ | 東京五輪は延期しようか »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アベノミス | トップページ | 東京五輪は延期しようか »