« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年5月

度の過ぎた歓待〝お為ごかし〟

人の応接に 度の過ぎたヘリクダリを
「オベンチャラ」「お為ごかし」と言う
令和初 国賓アメリカトランプ大統領を迎え
安倍内閣は 矜持を忘れ 御用達風情だ
大相撲観戦のトランプ夫妻の為
桝席に椅子を用意する 国技館初の
珍妙なプランだが
観衆にも警備にもはた迷惑な話
何故貴賓席ではダメなのか
相撲好き昭和天皇も貴賓席だった

トランプ&シンゾウのゴルフは
私的対等ならドウゾだが
「シンゾウは私(俺)のトイレを
使っていい」等の ボス&パシリ関係の
侮辱暴言には 
一国の首領シンゾウが試されているのだ

「かが」トランプ乗艦は 〝武器爆買い〟
〝もみ手外交〟 我が国の憲法違反の
空母化への道程で 立ち止まり熟考せよ
トランプ大統領大統領来日には
くどいようだが 日本国国家の矜持を
忘れるなと言いたい

Photo_13
前回トランプ大統領の来日時に

アメリカ軍横田空軍基地へ着陸だった
昭和20年8月15日我が国日本が
アメリカ合衆国に無条件降伏し
占領された状態のまま
74年の間 日本国の首都東京に
他国の軍事基地が存在する
卑屈な状態なのだ
その国家としての日本国の状態を
安倍内閣も自民党も 一片の誇りも
見識も無く見過ごしているのだ

国賓の来日着陸離陸には
【羽田空港】【成田空港】が
一丁目一番地だ
他国に占領された軍事基地への離着陸は
国辱ものと考えるべきだ
*ちなみに同じ敗戦国
独逸 伊太利の首都には
他国の空軍基地は存在しない

Photo_14
74年間敗戦占領のままの状態は

国の屈辱である
同様にアメリカ軍の占領地化のまま
手つかずが【日米地位協定】
沖縄で墜落した米軍機の事故検証に
日本の警察が検証も手出しも
一切不可能であった卑屈な状況を
一歩でも二歩でも
改善に努める事が
なかった
安倍内閣12年の治世は
アメリカへの「忖度「おもねり」
「おためごかし」以外の何物でもない

安倍晋三の出来の悪さには
愛想が尽きるが その安倍内閣を
支持する腰抜け阿呆の国民は
ある意味で任命責任を痛感して
参院選に臨まなければいけないと
考える

| | コメント (0)

拝啓 安倍晋三総理殿

拝啓 安倍晋三総理殿

“類は友を呼ぶ”と言うべきか 
貴殿とは気の合う アメリカ合衆国
トランプ大統領が親善ゴルフ中に
「シンゾウは 私のトイレを使って良い」と
言った話が伝えられました
Photo_12
私人友人の仲でも 品の良い話とは

思われませんが
上から目線の毒ある言葉には
即ユーモアセンスで
ピシャリと返答をすべきです
尻尾振りゴ機嫌取りは
増長させ禍根を残します
更に言うなら 一国のリーダー同士の
会話応対としては 見下げ果てた
雑言であり 見識礼節の一片も無し
大袈裟でなく 国辱もの罵詈の応接
野卑であります


安倍晋三首相殿
貴殿は首相在任期間が 戦後二番目の
長期政権を担っておられますが
その間 貴方の無恥と怠惰により
国賓接遇に 日本国家の見識に係る
失態がありました
Photo_11

一昨年 他でもない
アメリカトランプ大統領来日の際
羽田空港も成田空港も利用せず
アメリカ空軍基地=横田で
トランプ大統領が往復航空機離着陸
乗降利用がありました

昭和20年8月15日我が日本国は
戦争に敗れ アメリカ合衆国に
無条件降伏をしました
其の後74年間 アメリカ軍に
接収されたまま 横田アメリカ空軍基地が
現存するのです 言う迄も無く
横田基地福生市は 日本国首都の
東京都多摩地方に存在しております

アメリカとの戦いに敗れた日本とは
三国同盟の独逸 伊太利
:ドイツの首都ベルリン
:イタリアの首都ローマには
現在アメリカ空軍基地は存在を
しておりません 
首都に他国の空軍基地存在は
独立国家としての権威 名誉に係る
重大事案です 
これを横目で怠惰に見過ごす安倍晋三!
【首都に他国の軍事基地】を見過ごす
安倍晋三は 日本国総理大臣として
欠格であると私は所存します
Dscf1600

令和初の国賓に迎える
トランプ大統領には 大相撲観戦の如き
卑屈なゴマスリではなく
毅然と道理を通しての接遇が
日米親善本来の望むべき
友好の礎になると 私は信じます
安倍晋三総理殿
如何に 御考えになられますか

| | コメント (0)

変わる時代に変わらぬ看板 ~を拝受して~

過日 当ブログの主眼ともいうべき
出来事がありました
東京新聞の広告を見て
【ライオン看板】をテーマに

入社試験のレポートを書きたいという
素敵なお嬢様が訪ねてきたのです
店主は喜んで熱意に応じました
そのやり取りがかけがえのないものだったので
ここに数回に分けて再現します
※画像をクリックすると拡大されます

Photo_10

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »