« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

変わる時代に変わらぬ看板 ~暇フロク番外編~

過日 当ブログの主眼ともいうべき
出来事がありました
東京新聞の広告を見て
【ライオン看板】をテーマに

入社試験のレポートを書きたいという
素敵なお嬢様が訪ねてきたのです
店主は喜んで熱意に応じました
そのやり取りがかけがえのないものだったので
ここに数回に分けて再現します
※画像をクリックすると拡大されます

Photo_6
Photo_9

 

| | コメント (0)

巧言令色仁鮮なし

巧言令色仁鮮なし
【ペラペラペラ ペラペラペラの安倍総理】と
時事川柳にあった
他人事ではない WTOで韓国に敗訴した
放射能汚染安全に 韓国が難癖をつけ
食品輸入禁止の件だ
日本外交に抜かりがあった
内閣改造の都度 安倍総理は
「閣僚全員が復興相」と
体裁ヨイセリフ連発が恒例だが
「被災地が東北で良かった」の
今村復興大臣
「最後は金目でしょ」の石原環境大臣
更に
五輪担当桜田大臣の発言は
繰り返し無神経に 被災地の方々の顔を
逆撫でする所業だ

【真摯に反省】は
その都度安倍総理の口癖だが
オトボケと言える
安倍発言の正確な文字起しは
「真摯」では無く「振子(しんし)」だ
振り子の様に問題惹起すると
大向う世間に恐縮ポーズ
ホトボリ冷めると高飛車反省無しが
安倍晋三の定番方程式だ

【忖度】という言葉が大流行りだが
本来忖度は他人の心を思い遣る
人徳の言葉で 森友問題の佐川や
麻生安倍道路の塚田の言動は
「オモネリ(阿り)」「オベッカ」
「オベンチャラ」「へツライ」と言うべきで
「上目遣いヒラメ公務より私益優先」
下卑た心根で 公僕(公に仕える)
公務員の本質と全く異なる言句である

佐川が国会で連発した
「刑事訴追の恐れがある」は
「ウシロメタイコトガアル」の同義語
その佐川を国税庁長官に任命人事は
アベノ御簾内 暗闇人事 恩謝礼?!
だったと言える
令和の天皇代替わりで
恩赦の対象になるなら
【安倍晋三の謝恩】と言わざるを得ない

【令和】元号でハシャギ テレビ局掛け持ち
「万葉集」国書から初を 安倍は
喧伝してた
「アホか」と言いたい 令=レイ 和=ワは
何れも 音読み(漢)で 訓読みではない
万葉集の 歌で無く
詞書から採ったなら これ又
漢と無縁で無いと 中学校で教わった

何でもかんでも オレオレの安倍は
そろそろ願下げにして
退陣させる時機ではある

◎私達日本国民の【任命責任】を
真っ当に 全うさせないと
「令和の時代」持たない

| | コメント (0)

新元号「令和」に想う ~ 指令 命令 そして号令 ~

「令和」の言葉を聞いて
即facebookやtwitterに投稿した
― 年寄りの冷や水かもしれない ―
そうであれば それはそれで
良しとしたいのだが
「令和」の 言葉を聞いた途端
私の頭の中を駆け抜けた語句がある
「指令」「命令」「号令」
敗戦後74年以前には
軍国少年だった私の日常語だった
神国大日本帝国の 上御一人の
発せられる詔勅玉音が
「指令」「命令」に変わり
日本国民全て一致団結し
敵米英を殲滅せよの
「号令」になるのだった

「和」人の輪に育まれた和であれば
謂わば民主主義国家の母体になるのだが
強制された一致団結の輪は
軍国主義国家 専制主義国家そのものの
テーゼである
「法令」もしかり  中学生で習った
律令国家も その範疇に
入るのではないか

相変わらずペラペラペラと
安倍総理大臣が
あちこちのテレビ番組カケモチで
キイタフウナ「令和」の由縁を喋っていた
知ったかぶりに寒気がしたが
これぞマサシク
「巧言令色仁少なし(鮮し)」の典型
一国の代表として欠格である

欠格ついでに言うなら「令和」を伝えた
テレビ局女性アナウンサーほぼ全員の
日本語を語る口跡が
ノド声 ニワトリ声 で 甲高いのには
憮然とした
オクターブが高い 井戸端会議の
目立ちたがり屋風 ふり絞る喉声
キンキン声 舌足らずの早口言葉に
ウンザリとして頭が痛くなった

いつ頃からだろう
品よく落ち着いた話し方やお喋りが
女性たちから消えて
鶏声のケタタマシクになったのは?!
願わくば令和の時代
ペラペラペラの安倍モードや
キンキンキンキンの女性には
退場願いたいものですが
「令夫人」「御令嬢」の令和の時代に
復活登場があるだろうか!

― 私は見届けられません
ナンセ歳ですから ―


| | コメント (0)

死んでる場合じゃナイ

85才の誕生日を2月19日にやっと迎えた
平成一年秋の交通事故被害
2年後に頚椎3ケ所へ腰骨を移植手術
次13年前の再手術
左肺が三分の一無くなり 車椅子生活
更に一昨年暮れ大腿骨骨折手術
脚の手術なのに 首の損傷で身体中に
激痛が走る 他に帯状疱疹5回罹患は
美智子皇后さまと同じ回数!
アチラ高貴の方 コチラ好奇心の
カタマリのカタ
医者も解らぬ身体状況になった

更に74年前【東京大空襲】のトラウマあり
年々三月九日に合せて
歯ぎしりする想いで
【東京大空襲】を語り続けているのだが
大海の一滴 
やや むなしい日を終えるのだが
呉服屋稼業は 未だ現役のつもりである

某日 店主と 同じ85才のお客様お二方が
お揃いでご来店
「キャー」とか「ワーッ」とか
華やいだ声で しばしの間
若やいだお二人
お選びの反物をお決めになり
お互いに エール!を交換 ~!
「あなたの 素敵な柄だわぁ」
「あなたのも 今風で言えば
カッコいいわよ」~
「着物は 出逢いなのよね」
「そうそう  一目惚れが一番よ」
「アラ あなたって ひと目惚れ」
「ウウン親がキメタノ」^^
「イヤだ 脱線よ」~と
賑やかにご調度は ハッピイエンド
お代金を手に お二人が顔を見合せて
おっしゃった
「あなたね 死んでる場合じゃないわよ」
「そりゃそうよ この着物を着るのが先
サキヨ!」
『着物と道行き』
『ヨロシュウ ゴザイマスね』店主
190309h14255

「アニサン 身体の検査どうしタ?」と
毒蝮三太夫さんから 電話をいただいた
『天国行きが希望ダケド
内科はドコモ悪くないダッテ』と店主
『ただね』と続けた
『頭の中は イタンデルンジャナイかなぁと
思います』と言ったら すかさず蝮さん
「アニサンね 空っぽのところは
患わねえよ」との ゴ託宣でありました
更に数日後「カラッポの検査どうしたッ」と
有難い事に またまた お見舞い電話
『今度は帯状疱疹みたいな
皮膚科がモンダイに ナッチャッタ』
「アニサン大丈夫  包装紙がダメでも
中味で勝負!勝負!」ETC~Etc~etc
口惜しいから言い返した
『包装紙で 勝負する仕事が 目下の夢』
「ナンダイソリャア」
『ア・ダ・ル・ト・ビデオ出演』!!
蝮さん「そりゃ いいや  共演するか!」
◎その蝮サン 近々◎旅番組を◎
始めるそうだ
病の渦中でも 店主寝てられない
マムさんの番組聞かなきゃ
死んでる場合じゃない
Rimg0553

6月21日
【安田祥子さん チャリティコンサート】の
お報せお誘い
Photo

9月6日~8日
【由紀さおりさん 一人芝居「夢の花」】の
お報せお誘い
Photo_4

近々十連休に
【モダンダンス山田奈々子さん】
渡米公演!だって!! 内緒ダケドサ
(店主私より 2才御年上ナノだ)
70年来のお付き合い
帰朝談聞かなきゃならない
Photo_5

死んでる場合じゃない
そうそう それから「令和」の時代
混迷から抜け出せるのだろうか
あの世への土産話に知りたいし
しばらくは 死んでる場合じゃナイ
カモ ネ
死んでる場合じゃない

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »