« 木リン・ゾオ・カバ列車② ~ 戦争の記憶 ~ | トップページ | 昭和の時代の人いきれ ~ 歴史の転換点に想う ~ »

木リン・ゾオ・カバ列車③ ~ 戦争の記憶 ~

6才の私 番頭さんから「木」の字を教わり
「漢字」を書けると大得意 鼻高々だった
「横棒―が地面 地面の上縦棒?が幹
地面下の三本が根っこ」番頭サンの
名講義である
6才頃の記憶は 断片的で
あらかたは後年 父や母から
パズルの様に埋められている

昭和16年秋~12月の深夜
東海道線運行の武器輸送車内訳
木リン=高射砲
ゾオ=大砲
カバ=戦車
記載の文字も数も不正確 
“正”使用が無い111の縦書記帳
即アヤシイ!
外人スパイ!ダ は 飛躍し過ぎだが
憲兵は強圧的に 母と女将を
3時間位取調べた
紛失場所も憲兵隊届けの経緯も
判然とせず 周囲は相互不信
重苦しい雰囲気になった


昭和16年12月8日
昭和天皇 詔勅に依り
大東亜戦争【太平洋戦争】勃発
昭和20年8月15日 昭和天皇 終戦詔書
玉音放送 ポッダム宣言受諾無条件降伏

平成30年12月8日 開戦記念日関係題材
テレビ 新聞 ラジオ 週刊誌 ほぼゼロ
平成30年8月15日 終戦記念日関係題材
テレビ 新聞 ラジオ 週刊誌 盛大溢れ


(店主急激な体調不良のため未完)

|

« 木リン・ゾオ・カバ列車② ~ 戦争の記憶 ~ | トップページ | 昭和の時代の人いきれ ~ 歴史の転換点に想う ~ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木リン・ゾオ・カバ列車② ~ 戦争の記憶 ~ | トップページ | 昭和の時代の人いきれ ~ 歴史の転換点に想う ~ »