« 73回目の敗戦の日 ~ 東京大空襲 ~ | トップページ

73回目の敗戦の日 ~ 戦中戦後の想い ~

8月15日 平成最後の全国戦没者追悼式
天皇皇后両陛下 御臨席で執り行われた
天皇陛下は 平和への想いを
【四つの日】に託し
大事にされて来たとのことだ
8月15日「終戦の日」
6月23日「沖縄慰霊の日」
8月6日「広島原爆の日」
8月9日「長崎原爆の日」……
『東京大空襲の日』3月9~10日は
御存念に無いようだ

昭和20年3月9日夜~10日未明の
東京大空襲
アメリカ空軍により虐殺された焼死者は
ほぼ全員が今日で言う非戦闘員
10万余人が殺戮され……
生き残りの大人達に衝撃だった
更にの衝撃は 大人達のひそひそ話で
畏くも聖上大元帥陛下が
瓦礫の焼け跡を徒歩で御行幸との
噂話には驚愕した……
軍国少年の私は「ウソだ嘘だ絶対嘘だ」と
抗がった

白馬に打ち跨る雄姿
陸海空三軍の長 大元帥天皇陛下が
徒歩アルイテの爆撃跡の行幸等
有り得ぬ作り話だと頑強に大人達に
反抗した……

国民学校では毎朝登校時に
全員校門直近奉安殿に向う
天皇皇后両陛下の御写真が
内蔵されてあり 一人づつ直立不動
最敬礼後 教室に向い 教室では
先生の入室と同時に 級長が
『起立っ 礼っ』の号令後起立のまま
『私達ハ天皇陛下ノ赤子(せきし)デス』と
大声での斉唱が 毎朝 授業開始の
鉄則だった……
神国日本:萬世一系天皇陛下:
敵米英撃滅:一億火の玉:と
私は刷り込まれていた

歴史に「もしも」は無いと謂うが
三月九・十日東京大空襲で
アメリカ空軍と対峙した日本軍
非力を正確に把握認識し
戦争継続「否」との 正鵠の姿勢が
執られていたなれば
沖縄:広島:長崎:次々の無惨な死
悲痛な死が 起こり得なかったものをと
痛惜に思う

【十殺講話】
近衛吉田の和平:軍部の虚妄の
対峙に際して軍部傾耳は
返す返すも残念だ
然も【東京大空襲】10万余人虐殺死者が
次代に埒外で記憶に残らぬとすれば
浮かばれぬ

繰り返しだが 年寄り 女 子供のみが
暮らす東京下町へ B29爆撃機大編隊
低空飛来【照明弾】でおびき出し
爆弾投下炸裂で爆殺
油脂グリス焼夷弾で 死後迄も焼く殺戮
更には 死者生者へ区別なく無差別射撃
まさに偏執狂か嗜虐性癖かとも思える
指揮官がカーチスルメイ将軍だった

あろうことか戦後 佐藤内閣が
航空自衛隊育成の功に依るとして
カーチスルメイ将軍に
「勲一等旭日大綬章」を贈っているが
私はこれを国辱と考える
以来 半世紀後の現今
勲章返還を主張する国会議員
皆無である

|

« 73回目の敗戦の日 ~ 東京大空襲 ~ | トップページ

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 73回目の敗戦の日 ~ 東京大空襲 ~ | トップページ