« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

森友学園 籠池夫妻

やむを得ない入院 身動きのできない
生活の中で ふとモリトモ学園の
籠池夫妻に思いが及んだ

籠池夫妻の勾留が長期に過ぎないか
私は籠池夫妻にテレビで散見するのみで
人柄について言うべきものを持たないが
夫妻の容疑は大阪府に対する詐欺容疑
国に対する詐欺容疑と聞く
いずれもいわゆる凶悪犯罪ではない
仮釈放を行っても 逃亡の恐れは
皆無である
証拠隠滅であるが すでに検察が
ダンボール箱山積みの資料押収を
行っており 今さら隠滅の手段など
有り様はずがない

夫妻共に高齢であることを鑑みれば
六ヶ月間の拘留期間は
極めて長期不当である

推論すれば夫妻の完全黙秘についての
検察のしっぺ返しかとも思われるが
黙秘権は法律に定められた
被疑者固有の権利である
今検察がなすべきことは
一 安倍昭恵夫人の事情聴取
一 官製高飛びと揶揄された谷某氏の
   事情聴取
一 証拠隠滅の疑いある
   佐川前理財局長 現国税庁長官の
      事情聴取
が最優先事項である
これら必須なるべき取り調べを行わずして
籠池夫妻の長期拘留は実刑と等しく
法治国家を逸脱した処断であり
保釈請求を却下した裁判所も
猛省すべきではないか

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年2月 »