« 82才の遺言 | トップページ | 日本の躾 今昔 »

長幼の序

1

17042202

Nさま

冠省にて
お便りを拝して いささか憮然
黙殺も有りかと存じましたが
Nさん故に 率直を申上げておきたいとの
書信であります
お便りに同封の【例文】は
私の最も嫌悪し 不快な事象です
洒落にも駄洒落にもならぬ「イジリ」で
笑いの最下級レベル
ユーモァやペーソスが欠片程もない
無作法な「ドツキ」です
今日的テレビお笑い番組の笑いにならぬ
愚劣には同感しません

幼時 私の家庭では 正月四日に
ねえやさん小僧さんに対して
正座して「コトシモ ヨロシク
オネガイシマス」と
年初の挨拶を行いました
年上「上の人」 年長「長」への敬意を
通常の事と仕込まれました
自身八十二才車椅子の私は
今 「生き生きと 生きていたい」と
ヤセ我慢でなく考えており
「死ぬ迄は 生きていたい」との存念です
働き盛りの頃 私の自慢の所有は
「尾崎咢堂の書」「熊谷守一の絵」
二品でありました お二方とも
当時九十才を超えた年令の作品で
枯淡と稚気溢れる秀品に
人の生涯は かくあるべしが如実でした


サミエル ウエルマンの謳う 「詩」
心の青春をこそ 若さと言うべきで
『俗に流れ 世に媚びる』物差しは
私の執らぬ処です
「年金」と言うフィールドの中だけの人生も
辛い事ですが それを嘲笑するかのような
【例文】は不快であります


◎毒蝮三太夫さんから KENGブランドの
起ち上げに際して寄せられました都都逸
「君は吉野の千本桜
色香よけれど木が多い」
「気」が多いとの助言です
有難い事です

17040801


〇私の 返し戯れ
「ワタシャ白馬の雑木の林
材にならねど花守り」
「財」にならぬが カタクリ チゴユリ等
可憐な花のような きものの裂を守りたい

◎再び まむしさんから
「朱鷺の再生を 切に祈ります」と
エールが送られて来ました
 
「人は支えられて はじめて人」との
実感を心に刻んでおります

平澤 建二

|

« 82才の遺言 | トップページ | 日本の躾 今昔 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 82才の遺言 | トップページ | 日本の躾 今昔 »