« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

長幼の序

1

17042202

Nさま

冠省にて
お便りを拝して いささか憮然
黙殺も有りかと存じましたが
Nさん故に 率直を申上げておきたいとの
書信であります
お便りに同封の【例文】は
私の最も嫌悪し 不快な事象です
洒落にも駄洒落にもならぬ「イジリ」で
笑いの最下級レベル
ユーモァやペーソスが欠片程もない
無作法な「ドツキ」です
今日的テレビお笑い番組の笑いにならぬ
愚劣には同感しません

幼時 私の家庭では 正月四日に
ねえやさん小僧さんに対して
正座して「コトシモ ヨロシク
オネガイシマス」と
年初の挨拶を行いました
年上「上の人」 年長「長」への敬意を
通常の事と仕込まれました
自身八十二才車椅子の私は
今 「生き生きと 生きていたい」と
ヤセ我慢でなく考えており
「死ぬ迄は 生きていたい」との存念です
働き盛りの頃 私の自慢の所有は
「尾崎咢堂の書」「熊谷守一の絵」
二品でありました お二方とも
当時九十才を超えた年令の作品で
枯淡と稚気溢れる秀品に
人の生涯は かくあるべしが如実でした


サミエル ウエルマンの謳う 「詩」
心の青春をこそ 若さと言うべきで
『俗に流れ 世に媚びる』物差しは
私の執らぬ処です
「年金」と言うフィールドの中だけの人生も
辛い事ですが それを嘲笑するかのような
【例文】は不快であります


◎毒蝮三太夫さんから KENGブランドの
起ち上げに際して寄せられました都都逸
「君は吉野の千本桜
色香よけれど木が多い」
「気」が多いとの助言です
有難い事です

17040801


〇私の 返し戯れ
「ワタシャ白馬の雑木の林
材にならねど花守り」
「財」にならぬが カタクリ チゴユリ等
可憐な花のような きものの裂を守りたい

◎再び まむしさんから
「朱鷺の再生を 切に祈ります」と
エールが送られて来ました
 
「人は支えられて はじめて人」との
実感を心に刻んでおります

平澤 建二

| | コメント (0)

82才の遺言

今日は4月4日 二十四節 清明
清浄明潔
過って政治家が 謙遜語で 自らを
「浅学菲才」と称していたが
安倍首相以下 菅官房 稲田防衛
松野文科 文字通り浅学で
アサハカ極まりない
低レベルな学識で教育勅語を論じて
良いとこ取りで拾い読み
木を見て森を見ていない

そもそも【教育】【勅語】とは
天子が臣民に【教え】を【命じる語り】だ
天皇が国民に命じ聞かせる教育は
言うまでもなく民主主義国家の
教育ではない

【教育勅語】は
「朕おもうに我が皇祖皇宗......」で始まる
【天皇制国家宣言】なのだ
「父母に孝に.....」
「夫婦相和し.....」
「学を修め.....」などの
謂わば至極当然の徳目並列は
「一旦緩急あれば 義勇公に奉じ」との
結論に導かれ
「天皇陛下万歳」「滅死奉公」に繋がる
昭和20年以前「大日本帝国」と呼称した
天皇制帝国主義国家体制の
指針典範なのだ

誰でもが知り得る 昭和の戦史
満州事変 日中戦争 大東亜戦争の
流れを見れば  
天皇の名で国民の
「思想」「人権」「生活」の全てを
統括したのが【教育勅語】であり
無謀な戦いに 罪なき人々の
非業の死を招く典範が
【教育勅語】であったのは自明ではないか

大東亜戦争=太平洋戦争開戦時
私は国民学校一年生だった
校門を入ると右手に奉安殿があった
【天皇皇后の御写真と教育勅語】が
漆喰壁の中に納められ
奉安殿に向かい 生徒各自が
直立不動の姿勢で深く深い最敬礼を
行った後 教室に向かえた
教室では級長の「起立っ」「礼っ」に続き
全員で
「ワタシタチハ天皇陛下の赤子デス」と
斉唱
次に「皇国不滅」「鬼畜米英撃滅」と
精一杯の大声での掛け声を強制された

【教育勅語】の暗誦も強制された
モリトモ学園モドキに
訳判らず脳裏に刻み込まれた
一身を捧げ【決死報国】己が身を顧みず
【醜の御盾】当に→ISテロと
同次元のスローガンだ

命中率ほぼ10%の航空決死特攻隊
90%以上の死に 大義を掲げ
若い命を死に追いやった
人間魚雷100%の死
対戦車人間地雷100%の死
「死して虜囚の辱めを受けるな」と
捕虜になるなと死への選択を強制した
サイパン沖断崖から母子投身自殺の
悲劇も一例だ
「バンザイクリフ」とネットで検索してほしい
【醜の御盾】醜シコとは一般国民
御盾ミタテとは天皇の防壁になる表現だ

先の大戦で 戦死者310万人その中
約200万人が悲惨にも餓死と
言われている
更には東京大空襲の焼死者10万余人
他都市爆撃の死者
沖縄地上戦の死者約20万
広島長崎の原爆死者
シベリァ抑留の死者
更には東南アジア諸国での
無辜無数の非戦闘員の死者

東京大空襲体験の私
『御棺に入る事も叶わぬ戦争の死』を
思う時 慄然 極まって悲痛だ
この悲痛な死者は【教育勅語】を
敷衍実行した【天皇制国家大日本帝国】
犯罪の犠牲者なのだ

これらの経緯痛恨の反省から
敗戦3年後に衆参両院全会一致で
【教育勅語廃止】はされた
【教育勅語】廃止と【現平和憲法】施行を
車の両輪に 民主主義国家日本が
歩み出したのだ

【教育勅語】賛美
安易な【教育勅語】徳目の抜取りは
大日本帝国軍国主義への逆行になり
数多の戦争犠牲死者を礎にした
民主主義国家日本の歴史への
冒涜になると 瞑目して想う

『一人ひとり 時勢に流されずに
考えて考えて 生きて欲しい』
82才私の遺言でもある

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »