« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

欣喜雀躍 ~素直になれなくて~

昔っから私はトシウエの女の人にモテタ
ドコヘイッテモ年上の女のシトに
モテてモテタ
東京弁の「オンナのシト」には
「オンナ」の単呼称より
やや距離間と尊敬感がある

新春【真紅の薔薇】をイタダイタ
今ハヤリPRESERVED FLOWER
長持ちの花!である
年上の女のシトから御年賀だった
其のシトは(82才の私より年上)
酉年生れ 指折り数え今年96才
「暖かくなったらお伺いします」のメモは
「元気長生き!ょ」のメッセージと思う
半世紀前バラ栽培に狂奔していた私には
年始絶好の逸品到来
有難く拝受であった

Dscf0731

逸品と言うべきかマニアックと言うべきか
折り紙千羽鶴108羽が
成人の日に飛来した
私の車椅子運転手だったK君の
プレゼントである
108羽の数も驚きだが その上
折り方80種類とあってドキモを抜かれ!
感嘆! 天を仰ぐ! 根の良さ!!
私ゃマネデキナイ

Dscf0742


K君は 私の再手術後
毎週水曜日夜に来宅
翌日の通院付添いを10年間皆勤!だった
一昨々年彼自身の病で
私が車椅子運転手を 訓戒辞職?
勧告!をしたのだが
折々 私の身を案じてくれている

K君は本業歯医者だからか
手先器用で根が良い
千代紙折り紙は得意中の得意 お手の物
我家へ来宅の都度 色々な折り紙細工を
次々と披露してれた品を
私は竹籠に入れて 
【ひらさわ七五三御祝着セール】
ご来店のお子様方に 2~3羽ずつ
プレゼント大好評!
【折り鶴】は「きものひらさわ」の
優秀有力な販促用品!だったのである

Dscf0746


昨年暮れ
「どうしたぁ 元気に商いっ」とK君
『おかげさんで ツルが足んねぇよ』と私

108羽80種類の千羽鶴は
その時のやり取りを
心に留めてのプレゼントなのだ

Dscf0749


内心は欣喜雀躍のなのだが
例により私は可愛げがナイ
『ヒマツブシに 丁度ヨカッタロ』と
憎まれ口を叩いておいた

車椅子生活は 時に溜息も出るが
新春のお年賀状に 少なからず
手書きの書込みがあった
その何れもが 私の体調を
気遣って下さっていた

何時もながら思う
『人は支えられて 始めて人』なのだ と
反省スッカな今年は 憎まれ口ヤメて
素直にオレイを口にシヨウカナ~
でも私のバヤイ それッて
ケッコウ 難しソなんですょネ

Dscf0747

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »