« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

戦争と天皇㈠

私は昭和10年の生れ
もの心ついた頃から昭和の戦争が
始まっていた
大日本帝国は神国であり
万世一系現人神の天皇陛下の御為
戦争は大勝利と信じていた
国民学校一年生 学校の校門隣りに
白塗り土蔵造りの建物【奉安殿】があった
天皇 皇后両陛下の御真影(写真)が
内蔵され祀られてあった

生徒達は 朝の登校時に全員が
奉安殿前で直立不動の姿勢で
九十度の最敬礼をした後
各自の教室に向かうのが
厳格な規律だった
時に教練の先生(現役兵士)が
見張っていた
各教室の黒板上には
朝の斉唱文言が書かれてあった
教師が入室すると 級長の掛け声
「起立ッ」「礼ッ」の後 教師が斉唱文言に向かい一礼
全員叫ぶような大声で斉唱
「ワタシタチハ テンノウヘイカノ
セキシ(赤子)デス」
【決死報国】死を以って国に報いる覚悟
「天皇陛下萬歳」の戦死が国民の心得と
教えられた

大本営発表は 何時も定まって
「赫く赫くたる大勝利」の報道だった
皇国不敗 神州不滅 白馬にうち跨る
天皇陛下の御姿
ニュース映画に観客は姿勢を正した
やがて戦争末期 【特攻隊】【人間魚雷】
【人間地雷】と呼ばれる
生命を捨て死を賭しての人間武器が
産まれた
死して帰らずの自爆武器は
意表を衝いた緒戦での僅かな成功を除き
精度に劣る武器の差を如何とも為し難く
ほぼ全ての場で戦果無し
「天皇陛下萬歳」を叫ぶ
無為な【必死】に終わった

今次大戦の戦死者310万人
その内約4~5割が 兵站の行き届かぬ
餓死者と言われる
東京大空襲10万余人の焼死者
沖縄地上戦20万余人の死者
広島長崎原爆34万余人の死者
大阪横浜他諸都市へ空爆死者
何処も非戦闘員への無差別爆撃で
完膚無く叩きのめされた

8月15日天皇による
「無条件降伏 ポッダム宣言受諾」放送を
【玉音放送】と呼称した
隣家 爺の家 横巾80cm位の
高級ラジオで 天皇陛下の詔勅を聞いた
明瞭に聞こえる音声は ややかん高く
幾分か つかえ気味に聞こえた
大人達の表情の変化の中
奇妙に聞こえる抑揚の一節が
耳にこびりついた
―「堪エガタキヲ堪エ 忍ビ難キヲ忍ビ
以ッテ萬世ノ為ニ 太平ヲ開カント欲ス」―
71年後の今もなお 私の心の「棘」である

九月二日戦艦ミズリー号艦上で 
「大日本帝国無降伏調印式」が行われた

(つづく)

| | コメント (0)

病いに 軽重無し 軽んずべからず ~毒蝮三太夫さん 水森亜土さん 由紀さおりさん~

「病いに 軽重無し 軽んずべからず」
ホントにそうだと 実感しました
ここ一年間に 帯状疱疹が3回の発症
稀有の例だそうです
初回は老練な町医者さん
二度目は四谷の内科主治医
それぞれ適切な初期症状の診断で
 【バルトラックス】対ウィルス薬服用で
軽癒でしたが 今回はかなりな劇症
手遅れでした

6月14日 上野池之端菩提寺忠綱寺に
亡母の命日でお墓参り 帰路昼食中
同行の若者に
「お寺のヤブ蚊デスカ」と聞かれた
右の手のひらに 赤い腫れがあり
痒みがあったが
翌日午後 内科主治医の診察予定日で
内心気安く就寝したが
左腕全体に発疹がひろがり
痛みが朝までには激烈になった

入眠薬を飲んでも眠れない
痛みで朝食も食べられない
鎮痛剤を飲みヤット ウトウト寝ていたら
番頭さんに起こされた
「病院じゃないですか」
慌てて 同行介護職に電話を入れると
ナント「忘れてました」との返事
唖然としたが
『これからでも』「時間的に無理です」、、、
ケチのつき始め
町医者さんは5月に引退閉院で
事後手配を依頼した介護職は
自身のスケジュール勘案で
三日後にやっと急患で警察病院へ

タイムラグとあれこれ不快な出来事
入院予定空振り二回
ホトホト4択医者は嫌いを痛感
その後 ほぼ3週間位
四六時中の 痛み痒みの連続で
寝付いていた

【定休日】 電話が鳴るが起きられない 脇玄関のチャイムが
何度も何度も鳴り続けるが 起きられない
トントンと戸が叩かれる
寝間着のままヨイショと起き上がり
玄関開けると
何とナント毒蝮さんだった
「アニさん元気?!」
「近くへ来たから 心配でサ」
「顔見に来た」有難いのひと言だ
「マスゾエなんか気にしないで
養生しなきゃ」ですって
私のブログを見たらしい
『コンナカッコで?? お茶でも』
「ソウシテランナイ仕事仕事」と言って
帰られた
フウーっと私の身体から痛みも
熱も引いたようだった
「病は気」だ
蝮サンに元気を頂いて
起き上がる事にした

Photo



ドイツではフクロウが幸運を
もたらすとかだが
水森亜土さんからフクロウの絵
お見舞いのお便りを頂いた
だがナンダロカ【真っ赤な模様の靴下】が
同封されてあった??
ワタシじゃ無理無理履けないょで~
小学生のお嬢ちゃんにプレゼント
大喜びされた
隣家の奥様に聞いた後日談
今年は申年で 赤い品を身に着けると
「難がサル」との言い伝えがあるそうだ
亜土さん味なことをやるウだ

1



由紀さおりさんから お葉書が来た
来春一月 明治座で
【由紀さおり座長公演】が決定との事だ
「年令にふさわしい芝居を心掛けます」
とあった
ヤッパあれかょ ワタシ来年までは
長生きスッカね

16071601



| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »