« 公開 その時 カンナが咲いていた⑤ ~ ギブミー チョコレート ~ | トップページ | 男和きもの 添いバッグ »

東京大空襲の真実

「戦争体験 未来に語り継ぐ」と題し
3月10日東京大空襲の日は
東京平和記念日なのだと
中学生の投書が新聞に掲載されてあった
一読私は胸詰まらせ
思わず紙面に涙を落とした
本年私は81才
「東京大空襲」の昭和20年3月10日に
私は10才だった

3月9日夜 強風が吹き寒かった
二回か三回か「敵機襲来」の警戒警報が
あったが大事でなく過ぎた
ぐっすり寝込んだ深夜「空襲警報」が
発令され飛び起きた
母は「死なば諸共よ」と空襲警報の都度
私と妹弟に言い聞かせていた言葉を繰り返した

アメリカ空軍B-29爆撃により
東京下町は壊滅し焼野原になった
その頃の 下町には
35才以下の若い男性は全て強制徴兵され
戦場に赴いていた 敢えて言う
その時代の差別語「片輪者と肺病病み」が
銃後=東京に留まれた 昭和19年夏頃から
商店や職人 工員の小父さん達45才迄の男性も
壮年兵として招集されるか
或いは軍需工場に徴用されて
当時東京下町は:女:子供:年寄り:のみが
暮らす 木造家屋密集地で軍事施設は無かった

その下町を 地図で升目に区切り
標的を策定したアメリカ空軍が
低空飛行で襲来した
B-29戦闘爆撃機は低空飛行で威嚇し
照明弾曳光弾を投下した
暗闇を逃げ惑う人々は
真昼の明るさに晒され凝然と立ちすくんだが
そこを狙ってアメリカ空軍は 絨毯爆撃
爆弾投下で殺傷し 次に焼夷弾投下
(木造家屋火災目的=黄燐油脂)で
人々を焼き殺した 

更にダメ押し猛煙火災の炎にグリス油脂を
バラマキ 焦熱地獄にした
必死の脱出 逃げ回る残された
わずかな人々に対しても 超低空飛行からの
機銃掃射で 一斉殺戮を行った

私の家は 右方約90㍍ 後方約200㍍の所まで
炎上延焼したが つむじ風が吹き起り
火勢が変化 危うく類焼を免れた

朝方 徴用先軍事工場を爆撃された父が
我家に帰って来たが すぐさま焼き芋2個の
弁当と水筒を持って 浅草の下職さん達
数軒の安否を尋ねて 自転車で出かけた

夕刻 悄然として自宅に戻った父は
一言も語らず床に就き
夜更けに私を叩き起こした
「建二 お前は男なんだから
明日は 一緒に行って見ておけ」と
きっぱりした口調だった

翌朝 父の自転車に二人乗り
隅田川を渡る吾妻橋の袂に着き
自転車を下りて思わず私は
胃を突き抜けるような 嘔吐に見舞われた
ご遺体が無礼ながら 目も鼻も口も
のっぺりと焼けた棒状になったご遺体が
無数に 橋の両側に 覆いも無く
積上げられてあった

私は 嘔吐に続く嘔吐
手ぬぐいの中に 集めた吐瀉物を
欄干から捨てようとすると 
父が「ほとけさまが いなさる」と言って
止めた
隅田川の 河畔あちこちに 死体が 浮かび…
私は ギリギリ ギリギリ ギリギリギリッと
嘔吐をつづけた


昭和20年3月10日東京大空襲の殺戮死者は
10万8千人を超えた 
無辜の市民が 殺され 焼かれた惨劇と
残酷な事実は 今なお 私の記憶に鮮明にある

 

風化する【東京大空襲】に居たたまれず私は
自らの記憶と思いを重ねて冊子を作り
お知り合いに配りつづけて13年間になります
81才の老躯 車椅子の不自由
力量不足の自らに 苛立つ時もありますが
あの御遺体の方々の 無念さを伝える責務が
同時代を生きた私にあるとの所存です

 

平成28年3月 平澤建二

|

« 公開 その時 カンナが咲いていた⑤ ~ ギブミー チョコレート ~ | トップページ | 男和きもの 添いバッグ »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公開 その時 カンナが咲いていた⑤ ~ ギブミー チョコレート ~ | トップページ | 男和きもの 添いバッグ »