« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

我が家の菩提寺忠綱寺 ~ 上野動物園 ~

我が家の菩提寺は 上野不忍池畔
旧町名 池之端七軒町の
「忠綱寺」である
幼い頃私と姉弟は 忠綱寺のお墓詣りを
「ネェ今度いつ行くの」と
度々オネダリをした
信仰心からではない?
お寺の帰りに寄る「上野動物園」が
私達の主目的で 言うなら
『動物園に魅かれて忠綱寺詣り』
だったのである

Rimg0004


私は3才から小児喘息で
一年中ヒイヒイ ゼイゼイの発作があり
外遊びは一切皆無
家に閉じ籠り 本ばかり読んでいた
業を煮やした父が 或る時
「家の中バカリだからゼイゼイが治らない
外へ行って 着物を汚してこい」と
一喝したら 『ハーイ』と私
店の前の道路に寝コロガリ!
一回転シテ!『只今っ』と帰って来た
~(^_-)~
食事も毎回『ゴハン食べたくナイ』が
私の十八番の台詞だったが
動物園では 元気活発!
帰途立ち寄る ナイフホークで
ボーイさんが造るヨーショクなら
食欲旺盛だった~(^_-)~ 

当時の上野動物園は 言わば当今の
ディズニーランド 子供達に憧れの
的だった

お寺詣り前夜は恒例で
堀切の爺やサンが「忠綱寺」縁起を
達者な口調で語ってくれた
「羅生門の鬼退治」
渡邊の綱:「徳川VS今川の戦い」
槍の半蔵だが 弟はすぐ眠くなる
妹は「鬼が血だらけ 片腕を咥え~」の
段で「コワーイ」と逃げ出す
私一人を相手に爺やサンの熱演は
上野七軒町の由来に迄及ぶのだが
今想うと少々の脱線気味もある

「忠綱寺」では 本来なら子供達には
退屈極まりない「読経」に
楽しみがあった(^_-)
先代住職「オショウサン」が
読経の最中 最高潮の或る処で
一瞬居眠りをされるのだ
経文はチンプンカンだがリズムに合わせ
口中で「ナム」「ナム」「ナム」と
唱えていると~来た来た来た
「オショウサン」が スーゥッと発声を
止め 頭を傾け1~2分眠ル(^_-)

Photo


子供心の愉しみ 忠綱寺詣りの終止符は
昭和18年 秋彼岸と記憶する
空襲があり 父が徴用工に召集され
女中さんを使うのも禁止され
戦時只中の時代になった
幼い私達3人は防空頭巾をかぶり
もんぺ姿の母と叔母に連れられ
忠綱寺の帰り道
例により動物園に向かったが
入口にある張り紙を読んだ母は
叔母とひそひそ話の後
「帰りますょ」と強い語調で言った

『ドウシテ ねぇ ドウシテ』と
駄々をこねる私達に
母は顔を紅潮させて言った
「象さんも ライオンさんも
みーんな 戦死しちゃったんだって」
「帰りますょ」と有無を言わせぬ
強い語調だったが 母の目は
涙で潤んでいた


空襲への対処と食糧難の為
上野動物園では
《動物達を 餓死と薬殺で殺処分した》と
後年 私は知った

| | コメント (0)

昭和天皇実録

「昭和天皇実録」主要5紙と雑誌2冊を
読み込んだ
そして平成2年の「天皇独白録」を
私の本棚から探し出して貰った
文芸春秋所載だ

『戦争と天皇』は 物心ついた時からの
私の心の軌跡ででもある

晩年の昭和天皇を私は好きだ
畏敬 敬愛とは やや違う
好もしく『好き』だ
ぎこちない挙措で帽子をかざし
やや高いオクターブでの懸命な話
生物学への傾注
「雑草と言う草はない」との至言の吐露
誠実な御人柄は 素敵に好もしいのだが
唯一私は 昭和天皇が戦後
「退位」なさらなかった経緯に
わだかまりを抱いている

「昭和天皇実録」は宮内庁編纂としての
取捨選択があり 天皇の平和への
御努力成果を意識し前面に
押し出しているかのようだが
その点では 私の想いとはやや
齟齬がある

日米開戦を議する御前会議で
昭和天皇は開戦決定の会議後に
明治天皇の御製
「四方の海~  を 読み上げられ
平和への御意志を示されたと
されているが 如何なものだろうか
会議前 或いは 会議冒頭の御発言なら
有効有意義だが 開戦決定後の
御意志表明では 恐縮ながら
下世話に言う「証文の出し遅れ」と
私は考える

天皇制とは 名実の「実」のない
御立場だったとの弁護もあるが
少なくとも昭和天皇は戦時
陸 海 空三軍の 大元帥陛下だった


昭和の戦争310万人の戦死者
その内約4割が兵站補給届かぬ
餓死者との推計もある
さらに「身は鴻毛の軽き」「一死報国」と
『特攻隊』『人間魚雷』『人間戦車兵』など
『命』『生』を賭した戦術兵器は
換言すれば ジェノサイト(大量虐殺)とも
言えるのだ
東条英機「生きて虜囚の辱めを承けるな」
戦陣訓も全て「天皇陛下万歳」で
遂行された
「靖国で会おう」などと
芝居がかったセリフは絵空事
死者を愚弄するものだ
東京大空襲では 年寄:女:子供
10万余人の焼死者 沖縄戦では
20万人の死者 
広島長崎の原爆死者など
数えるに うそ寒い累々たる死者の
その殆どが「神州不滅」と教え込まれ
天皇を「現人神」と教え込まれていた

誠実朴訥と拝する昭和天皇が
何故 何故に 戦後の節目に
御退位為さらなかったのか
或は 御退位に付 深く懊悩された
経緯はなかったのか
「昭和天皇実録」からは 読み取れぬまま
今も 私の 心深くの わだかまりだ

| | コメント (0)

素敵な人生の始りに

◆井上八重子さま
TBS井上会長の母上さまが 8月24日に
「100才のお誕生日」だった
かくしゃくとして お元気でおられ
お好きな歌舞伎見物にも
毎月お出掛けになる
百歳のお誕生日プレゼントに
私は《ゆかたアロハ》を お贈りした
「100才の人に アロハ? デスカ?」と
言う 洒落を知らぬ お馬鹿がいたが
アロハは可愛い幼児柄にした
お誕生日の次の日が一歳
素敵な人生の始まりの日だ

Photo




◆宇津木妙子さん
宇津木妙子監督時代
「女子ソフトボール世界選手権大会」に
「きものひらさわ」が《振袖》をMVP賞に
贈呈していた
宇津木監督は毎年《振袖》の柄や色に
興味深い質問をされていた
上野由岐子さんがMVP賞の時は
殊の外「嬉しい!」と喜ばれた
今回オランダで「女子ソフトボール
世界選手権」全日本チーム優勝
宇津木麗華監督はひと昔前
中国籍から宇津木妙子監督の
養女になられた方
まさに母子二代
華ある素敵な人生と言える

Photo_2




◆水森亜土さん
いやマァ 可愛い可愛い絵手紙を頂いた
「毎週大町の別荘で絵と背中を
かいてマチュ」
「遊びにお出でょ」ダッテ
(出掛けて別荘隣りだった)越地吹雪さん
を語りたい~~
私は かって 信州白馬のペンションや
10畳間が8部屋ある古民家での
独り暮らし
日がな一日 本を読む生活が
夢だったが 目下の車椅子生活で
夢が叶わない~
亜土さんの別荘生活は
羨ましくも 素敵な人生と言える

Photo_3




◆毒蝮三太夫さん

徹子の部屋で まむしさん
「ババァと言うが くそババァとは
言わない」と語っていた
それが毒蝮三太夫の矜持であろうし
それ故に長年月 ババァ達に
愛されているのだ

まむしさんには日頃から
きものひらさわを 御ひいき頂き
折々何かにつけ 御声援も
いただいている 
過日 TBSテレビに
「ひらさわの ユカタアロハで出演」と
自筆のお葉書を下さった
当日目を凝らしテレビを観てたら
昨夏の「はなまるマーケット」着用と
同柄だった!
ひらさわアロハを10枚以上は (・・?
お持ちの筈なのに~(・・?
まむしさん 一年250日程
毎日々々 御当人曰く
「云いたい三昧」の活躍振りは
驚異の『シルバー スター』
『シルバー アイドル』
世の中の ジジババは
マムシに噛まれマゾになり である 
『毒蝮 巣鴨に銅像建てようか』と
私は ほぼ本心の 賛辞を送りたい
働ける倖せを知悉する まむしさんは
旧き佳き日本人の
素敵な人生 真っただ中に 居る

Photo_4



◆由紀さおりさん
朗報が来た
由紀さんの安田音楽事務所からだ
婦人画報“美しいキモノ”別冊
“皇室のきもの”に
由紀さんが「きものひらさわ」から
お買い求めになったおぼろ絞り訪問着が
大きく掲載された
園遊会に由紀さんが着用されたのが
“美しい きもの” として注目をされた
ひらさわ店主 いささか鼻高々である

由紀さんは カレンダーに○印がないと
「この日 何をするの」と聞くそうだ
歌い続け45周年の記念コンサートが
12月12日渋谷オーチャードホールで
行われる
「耀き謳う由紀さおり」の素敵な人生に
精一杯 拍手を贈りたい

Photo


| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »