« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

猪瀬東京都知事辞職せよ

猪瀬直樹東京都知事

私は 昼日中 顔に化粧をして
公衆の面前に 出てくる男は
生理的に嫌いだ
「イケシャーシャー」
「屁理屈コキ」
「ミエスイタ嘘」
「厚顔無恥」も生理的に嫌いだ
~と言いたいのが本音 胸の中だが
そうも行かぬ 天下の大新聞投書欄への
投稿を以下の如く ヤヤ控えめに
書き送ったが ナシノ飛礫10日間
ナノで ブログ搭載です

―――――――――――――――

猪瀬東京都知事に速やかな辞職を
求めたい
曲言を弄する猪瀬氏を都民の矜持が
許せない
猪瀬氏が徳洲会からの5千万円
金銭提供を「個人の借金」との釈明は
有り得ない話である

当時猪瀬氏は 東京都副知事職を
辞職 都知事選立候補準備中であり
猪瀬氏自身言う立候補挨拶は
個人で無く 徳田虎雄氏に
公職公人として 初対面挨拶を
した筈である 
広義に言えば都知事も副知事も
都内66ケ所に所在する
徳洲会病院への許認可監督の
職務権限があり 徳田氏側からすれば
当選確実な「都知事職」は
充分に担保とも言える
しかも5千万円金銭授受に
銀行振込みや小切手に依らず
大金をいわゆるゲンナマ
現金取引は常識的に考え
極めて胡散臭いやり方だ
さらに5千万円を故人である奥様の
貸金庫に所蔵とは 奥様へ譲渡か遺産か
物言えぬ故人に説明責任を負わせる
非礼には呆れ果てる

猪瀬知事の辞職はオリンピック開催に
支障との議論あるが 話は順逆だ
スポーツ祭典の主催者に
疑惑の人物は全く相応しくない

足立区関原3―4―5
平澤 建二
呉服商

| | コメント (0)

《羽織は 紅葉に着て 桜に脱ぐ》~秋の夜長11月~

きものひらさわへ御来店の
-男のきものの好きなお客様-
ユニークな方が多い

▼50代Tさん
「羽織は紅葉に着てだから
もう着て出掛けていいでしょ」
『ハイ結構ですがお茶席では着ません』
「道行は?」
『どうぞ御召し下さい 但し 他家では
玄関先で脱ぐ ホテルや料亭では
クロークへお預け下さい』
「エート飲み屋はドウシマショ」~?

▼20代Kさん
夜遅く 脇玄関のチャイムが鳴った 
「スイマセン着物を着たので
見て頂こうと思って」
『どうぞどうぞ お上がり下さい』
「スイマセン ちょっと お酒匂いますか」
『風邪ひいてるから大丈夫』に始まり 
ナゼカ千利休と秀吉の話
「ドーシテ利休は
切腹させられたンデショ?」
「お茶ってナンデショ?」
曲球で答えた
その時代 珍しい花だった朝顔の
百花咲く生け垣が 利休の家にあった
評判を聞き秀吉が
利休の家を訪ねる次第になった朝
生け垣の朝顔に花がひとつも無く
葉っぱだけになっていた
不審不興の秀吉が 仏頂面で茶室の
にじり口から入ると
床の間の古壺に一輪
朝顔の花が活けて有った~~ 
「わび:さび:とはナンデショ?」
さらに「粋:とはナンデショ?」と
難問御下問山積に答え終ると
午前様のゴングが鳴った

▼30代Kさん
御来店開口一番
「ヒラサワサン 売春防止法施行日
知ッテマスカ」だって
『日本男子滅亡の日昭和33年3月31日』
「アー知ってるンだ ヤッパリ」
『何デス?』
(Kさんは某博物館学芸員)
「吉原って行った事アル?」
『忘却の彼方 ワタシ認知症』
「客引きッてサァ」
『牛太郎と言います』
「置屋ってサァ」
『芸者が鵜で 置屋が鵜匠』
「待合ってサァ」
『四畳半 芸者と旦那がシンネコ』
「赤線と青線ってサァ」
『衛生基準の差』
「芸者の着物ってサァ」
『旦那にねだります』
「ねだり方ってサァ」
『仕付け糸を丸め旦那のたもとに
入れます』eTc...
お茶運びの店の女性が 腰を下ろして
聞き入り 閉店時間過ぎた

▼ご年配Sさん
隣の区から御来店
電車バスは乗換有り1時間強
自家用車3~40分
「自転車で来た」
『オープンカーで御苦労サンです
時間はどの位デス』
「うーん20分」
『オ若いですね』
「イヤァ70過ぎを自覚 免許返上
神輿担ぎも止めた」
『神輿はドコデ』
「アキバのヤッチャバが無くなって
神輿が 神田明神に寄付してあるンです」
『明神様も 当節ワッショイ! ワッショイ!
じゃなくって セイヤ!セイヤ!ですって?』
「ソウソウ 外人部隊バッカリで
白ダボシャツに股引じゃなくて
裾広ズボンだょ」
『ラーメン屋サンの制服スタイル』
「タックモウ 出前に行けってノ」

昭和の頃 秋葉原駅の隣に
青果市場(ヤッチャバ)があった
近年迄 神田明神の神輿担ぎは
(和背負い!和背負い!)
ワッショイ ワッショイだった

昭和のことも きもののことも
聞いて下さる方がいる
倖せです 私って

| | コメント (0)

秋の園遊会 ~ 由紀さおりさん ~

天皇皇后両陛下お招きの園遊会
その翌日から
「由紀さおりさん 安田祥子さんの
お二人がとても素敵なお着物でしたね」と
異口同音の話がお客様や 店の者
出入りの者から 続々と寄せられたが
私はテレビを見落していた~
知らぬは店主ばかりナリ なので
新聞をひろげ『か? なぁー』と
調べてもらったら
『ソーデス  そうです そうなんです』
だった!『ヤッタゼ!』の朗報だった

晴れやかな園遊会でひときわ映えた
由紀さおりさん安田祥子さん
お召になったお着物は
《優雅なおぼろ絞り訪問着》
先年《きものひらさわ》で
おつくり頂いたものだった

Photo


天皇様から リハビリの折に流された
曲が《夜明けのスキャット》と聞かされ
由紀さんが 当意即妙なお答えを
申し上げたことも ほのぼの
明るいエピソードと伝えられていた~
~ほのぼのが良い~ 明るくが良い~
快い盛り上りが園遊会の場で
ある筈である

それを場違い無粋に山本太郎が
被災地現状とやら(ヘタで乱暴な字)の
手紙を陛下に手渡したと報道があった
如何にも独りよがり『バカ』としか
言い様がない
天皇皇后両陛下が 3‐11災害に
心痛され いち早く被災地へ
慰問に出向かれた経緯は
あまねく知られた事実であり
その後も折にふれ被災者に
御心を寄せられてもおられる
周知の事柄を あたかも直訴紛い
パホーマンスの山本太郎は
『アホ』としか言い様がない

だがしかしである
自民党や民主党が国会で
山本太郎の行動を
「天皇の政治利用だ」
と騒ぎ立てているのは
これまた『天に唾する バカ』としか
言い様がない

自民党と政府は
沖縄県民が本土と切り離され
「屈辱の日」と呼ぶ4月28日に
敢て節目でない今年 記念式典を
強行して 天皇皇后両陛下御臨席後
御退出の際には
あろうことか安倍首相共々の『バカ』が
一斉に「天皇陛下バンザイ」を叫んだ
これこそが 天皇の悪しき政治利用の
最たるものだ
 
さらに旧聞だが 中国の習近平氏が
来日した際 習氏が当時
無冠であったにも拘らず
天皇陛下に 御面接を強要したのは
小沢主導の民主党だった

政府 自民党 民主党 に依る
天皇の政治利用は バカ アホと
言う以上に根が深い

今上天皇と美智子皇后の
平素を拝するに 平和への希求と
民主国家の具現に 御心があると
私は信じているが
時流の底辺は異なる危険な流れだと
思えてならない

| | コメント (1)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »