« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

由紀さおり&ピンクマルティーニ

≪由紀さおり&ピンクマルティーニ≫
日本初公演6/7
有楽町国際フォーラムへ出掛けた
皇后陛下御臨席のご予定が
三笠宮家の弔事で
御取止めになったと聞かされた

まさに朝野を挙げての
≪ 由紀さおり ≫なのだが
先ごろ由紀さんからお電話を頂いた折に
ご本人自らが言っていた
「どうして こうなったんだか わからないの~」~
大ブレークの原因がである
判っていたのは ヒラサワサンである~
ン~ 

Yukipanf

このブログで7年前
『由紀さおりは 平成の
エンターティナーになる』と
宣言しておいた

一ヶ月前 5月7日
≪由紀さおり授賞祝賀会≫
舞浜シェラトンホテルで行われ
祝賀会参会者総数1050人
熱気溢れた会へも  私は出席した
会場入口正面に《きものひらさわ》
御調度の訪問着が 衣桁掛展示され
人目を引いていた
立ち止まり眺めている方々が
多数おられる ムフフである

《白馬山容》と題された作家物の訪問着
濃いグリーンの地色に
残雪を思わせる山容と
池畔が描かれて鮮やかである
仕入れる時にややためらったのは
絵の中にある白いロッジ風の建築物が
目に付きすぎる

少々のキケンも考えたが
外国へ行く方がお召になったら
喜ばれるだろうと考えたり
私にはゆかりの《白馬》の題にも
惹かれて買っておいた品だ
由紀さんが撰ぶ訪問着の 最終候補
3点の中から 由紀さんが
「決めたわ」と言われ
言葉を継いで「やっぱり 出会いの
白馬が好いわ」~~
何時もながらに気遣いの人である

Yuki1


祝賀会で私の席は 安田祥子さんと
同じテーブル「お元気そうですね」と
ご挨拶を頂いた
片目をツブってゴアイサツ
クチの中で(不元気ナンデスと
呟きマシタ)

檀上の主賓挨拶の後
「全てのお席に 廻りきれませんが~」と
司会者の前置きがあって
由紀さんが 各テーブルへ
挨拶に見えられた
「お手紙読んだゎ ありがと!
ご返事まだで ごめんなさい」と
肩越しの握手 柔らい手だ

由紀さんへの手紙は 3月末に
出したのだった 
~満つれば欠くるの用心~も肝要であり
出づっぱりの出演に
歌唱は万全と聴くけれど トーク話声に
やや疲れかすれを感じるのは
私の思い過しだろうかと
直截に書き送った

由紀さおり&ピンクマルテーニ
コンサート アンコール又アンコール
総立ちの観客が 一斉に手をつなぎ
肩を組み アンコール曲を歌い踊り
客席通路を廻るハプニングが起きた
”ジャケガイ”というタカラクジが
ホンモノ大当たりを実感させられた
瞬間だった

帰途 奥まって離れた障害者用の
エレベーター前の列に並んでいると
係員に案内されて
安田祥子さんが あらわれた
「ひらさわさーん」「お疲れでしたでしょ」
「どーもアリガト」
一瞬 私は 言葉が出なかった
― 姉が妹を 想って ―
ヨワイ ホントに弱いンです
コーユー場面のワタシって 弱いンデス

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »