« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

5,900,000,000,000円

買わない宝くじは 当らない!
それは百も承知をしているが
それでも時折り
宝くじが 当った〔ら〕と思うことがある

「金がカタキの世の中」である
金さえあれば! あったなら!
願いが 叶うこともある

ワタシの口座に 振り込み通知が来た
公的な支給決定通知書が届いた
見たら! 金額が である
\5,990,000,000,000と記載されている

マルだかゼロだか 知らないが
ナニシロ13桁の金額は
何度数えても 間違いは無い!
つまりは 一金5兆9千9百億円也が
8月16日に私の口座への
振込み通知書なのである

差出人は 東京都の医療広域連合会長
西川太一郎氏(ワガ足立区の隣
荒川区の区長)である

アヤシイ人物カラデハナイ!
医療高額療養費
支給決定通知書である

早速 獲らぬ狸 気前良く 店のNさんに
イクラ欲しいかを聞いた

「えーっ 社長」と言いながら
「1億」と言った 

Yさんは
「あーらスイマセン じゃぁ2億」ダト
年の功と言うべきか

ホームページ担当のタケウチ君は
「1億」だった ジョーシキ人は1億ラシイ

困ったヒトが現れた
マッサージのI先生である
『平素のオ礼に ゴ希望額を差上げる』と
通知書をお見せしたら
「ヒラサワサン これってマチガイでしょ」
「誤りでしょ」と言われるのだ

『ムフフ ふぅ』と私は答えた

「絶対間違いですょ ねぇ そうでしょ」と
迫られた

『フッフゥフッ』が 私の答えなのだが
これって コレデ よろしいでしょ
如何なモノでしょ



二日後 若い者Tがやって来た
同じく文書を見せたら
「欲しいッスネ 3万円!とか100億円」と
言った

ナンとも 現実味を帯びた額と
かけ離れて 空想的な額だ
『ナンダソレ』 と言ったら

「読んだスッか 朝刊」と
カバンの中から取り出したのが
8月18日の毎日新聞だった

一面4段抜きの〔就学支援金底突く〕の
見出し記事が ここ二日間
彼の胸にあるわだかまりだった

実は私も気になる記事だった
補正予算113億の内
残額が2%の報道だった

100億円を車に積んで
被災地に持って行きたのだそうだ
3万円はガソリン代だそうだ

― 五月連休にボランティァで
見詰めた子供達の 哀しげな眼差しが
今も忘れられないそうだ ―

背を押されて新聞の読者欄に
『金なら 有る』と~
私は初めての投書をした

大震災義援金に集まった2800億が有る
半年近く経過した現在2000億余が
残されて有る

人々は 江戸っ子と同じ
「先の百より 今五十」との思いで
寄付をした義援金が使われずに有る

使って始めて義援金だ
それを無能にも金庫の中に眠らせている
日本赤十字や共同募金会は
形を変えた「守銭奴だ」と書いたのだが~
如何だろう

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »