« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

拝啓  鳩山元首相様

貴方が政界引退を撤回されるとの報道に
またかと不快な思いでおります

昨年の総選挙で私は民主党に
投票しませんでしたが
貴方を首班とする政権交代を
快哉と考えました
長く続いた自民党政治の惰性と閉塞が
打ち破られるかとの思いからでした

ただその直後から右顧左眄する
貴方鳩山首相には
失望と国の大事を託せぬ危機感を
抱きました

普天間問題での貴方は
まさに「ハト」と揶揄される迷走で
沖縄県民を愚弄し 国益をも損じました

“綸言汗の如し”と言いますが
貴方は一国のリーダーが発する
言葉の重みを 一度も省みる事が無く
次々と 軽い言葉を発し
再三前言を翻す醜態を
さらけ出しておりました

「政治と金」の問題もその一例です
今 民主党にとっても政治と金は
緊喫の課題でありますが
これは小沢氏のみならず
貴方 鳩山由紀夫氏の政治と金問題も
未決着であります

不明朗な母親からの政治資金贈与を
問われた首相時代の貴方は
司法当局への資料提出中を理由に
言を左右に 不正贈与の金銭について
国民に対する説明責任を
果たしてはおりません

検察当局が首相在任中の慮りから
貴方の事情聴取を見送り
母親も高齢を理由に上申書提出のみの
一件落着は如何にも恣意的で
他の同様事件との比較から
公平を欠き納得出来得るものでは
ありません

平成の脱税王と詰問された
貴方の脱税額の多さもまた
国税当局の調査姿勢は
不公正と言えます

12月24日つき新聞紙上に
鳩山氏に1億3千万円の贈与税還付の
記事がありました

贈与を「知らなかった」と
トボケタ貴方鳩山由紀夫氏の
作戦勝ち
国税当局が仮装隠蔽だないとの
判断だとのことですが そうでしょうか
母親から資金贈与を受けていた
少なくとも8年間もの間
貴方は鳩山由紀夫氏は
母親と没交渉だったのですか
金をモラウだけの母と子の
関係だったのですか

だとすれば 今後は一切
「友愛」などと気色の悪い言葉を
口にせぬよう慎んで下さい

そしてさらにこの脱税問題に
関してですが 
貴方は時効以前の期間にも
母親からの資金供与を受けていたかの
疑惑がありますが如何ですか

税法上の問題でなく政治家として
母親からの資金贈与が
何時の時点から始まっていたのかを
明瞭にすべきであり
それなくして政治を語るのは まさに
「騙り」であります

及び腰の検察当局の調査も不快ですが
母親からの法外な資金贈与の
【出】の部分についての疑惑を
国民に対して明確な説明を行なうべきが
政治家としての最低限必須の資質と
考えますが
貴方鳩山氏はその資質が
無いのみならず 厚顔にも
秘書に責任をかぶせて逃げた
卑怯者であります

白々しく鉄面皮な貴方を非難する事に
いささか忸怩たるものがあります
天に唾するほどではないにしても
鳩山由紀夫氏を 一時 持て囃したのは
私たち国民だったからです

でも もう結構です
金持ち道楽の定見の無い政治稼業には
お付き合いしたくありません

貴方は 引退すべくが国益なのです
それ以外に正道はありません

| | コメント (0)

Hの結婚式(2) ~ 由紀さおりさま ~

由紀さおりさま

お便りを拝しました
何時もながら お気持ちのこもった
あたたかな文面にほのぼのと心が和み
明るい陽差しを浴びた気分です

素敵なリサイタルの感想を
早くお伝えをと思い乍ら
あれこれがあり遅々として
ご返信ナマケテおりました  


この夏以来 私は 時々ふわっと血圧が
急降下して低血圧症状にみまわれます
幾つもの検査結果が
原因不明だったのですが
私自身の自己診断では
「賞味期限切れ」が妥当な診断だろうと
周囲に話しましたら
「クダラナイ冗談を言う場合デハナイ」と
叱られ
『ウッセーナ』と応酬した所でもあります
リサイタルの後日 ほどなくして
モト居候クンの結婚式のおよばれで
山形 庄内へ出かけましたが
私にとっては 世界一周旅行も
同様の長旅であり
くたびれてクタビレテ 旬日の間
ニンチショウモードでありました

閑話休題

素敵に心地良かった
リサイタルの話です
今回は店の者など 身内?が揃って
伺いました
「カンノン様みたい」とSさん
「女王サマみたい」とYさん
オーバーなようですが 店の者二人ともに
由紀さんの舞台に大喜びで
思い出しては 話題になっておりました
平素私が
『由紀さんは舞台の人 舞台姿が
由紀さんの魅力』と語る
“社長の百万遍の学説”が
実証され?きわめてマンゾクの日頃です

由紀さんからのお便りにもありましたが
リサイタルで歌われた
「ひばりさんの唄」は
情緒纏綿と邦楽の「和声」を
見事に高い音域まで のびやかに
歌い上げておられて
流石!「由紀さんやるう」と
感嘆しきりでしたし
いささかならぬ驚きを込め 私も 
私の周囲でも 高い評価でした

母が娘時代からの長唄三味線を
時折り ひとりで弾き語りしたり
父が旦那芸の仕込みにお師匠さんを
呼んで都々逸や木遣りの稽古を
はじめると 二階の雨戸を
ガラガラ閉めたものでした
門前の小僧で 私も幾分かは
邦楽が親しみを持っておりますが
由紀さんの情感豊かな表現は
美空ひばりとは別な魅力があったと
掛け値なしに拍手を送りました
ただ 私には駄々っ子的な
言い分思いがあるのです

由紀さんにとって
美空ひばりさんの持ち歌を歌うことは
或る種 伝家の宝刀のようなものだと
考えます
由紀さんが 上手 巧み に
歌えば歌うほど ひばり賛美に
偏る危うさが潜むように 私には思えます
伝家の宝刀は 一閃のみに
価値有りだと考えるのです

Yukiletter


由紀さんがデビューの時代は
歌が豊穣の時代でもありました
すべての歌の 詞が言葉として
生き生きとしておりました
その背景にあって
由紀さんの言葉のない曲が
ヒットしたのだと 私は考えてもおります

当今のヒットチャート曲は
ほとんど全ての歌詞が
あたかもカタログの説明書のような
詩とは言えない駄文の連続です

歌を聴くと言うことには
音階を辿ることだけではない何かを
観客は求めます
ディクションの問題は
素人の私にはよく分かりませんが
声を聞かせるだけでない
より明確な感動の伝達が大事と
ヒラサワクンはカンガエテオリマス
その意味でも今回の
[由紀さおりコンサート]には
充足感がありました

当夜 かやぶき茶屋マネージャーの
息子 チビK10才が 一緒を致しました
一人っ子なので
ダレカのオセワをする事を
覚えさせる為との パパママの発案で
昨秋のコンサートに大人の仲間入り
オジチャマ(私)の車椅子運転手?として
同行をしたのですが
すっかりユキファンになり
今回も「ボクもイクウ」でした
会場では アタリをミマワシ
「オジチャマ ボクが一番だよ」と
訳の判らぬ事を言うので
聞き返すと「ボク一番若いよ」!デスト
思わず噴き出しました
感心なのは 勘所々々で
先んじて拍手をしておりました
オン年10才の熱烈ファン
何れぜひ お目に掛けたく存じます

リサイタルのフイナーレ間近
観客席通路を一周され
舞台へ戻られる前に 
スポットライトを浴びた由紀さんが
マイクで小さく 「ヒラサワサーン」と
呼びかけて下さった その時
私もチビKも ともに大きく手を振りました
チビKの得意満面の(^_^.)を
お見せしたかったです

山形 庄内 酒田での結婚式
モト居候クンへの祝辞に
チャーリーチャップリンの言葉を
贈りました

チャップリンは「あなたの代表作は」と
インタビューで聞かれて 答えたそうです
『 ザ ネクスト 』 と
私の大好きな言葉です

由紀さんにも 贈ります
『 ザ ネクスト 』

次なるチャレンジ 素敵なショウを
期待いたしてます

向寒の折 お風邪などひかれぬよう
お身体大事に ご越年を祈ります


平澤 建二

| | コメント (0)

日本消滅 成田屋なさけなや ~ 市川海老蔵 菅直人 ~

[目クソ鼻クソを笑う]
馬鹿が阿呆を軽蔑するタグイのものだ

オマエのブログも ソーダロガと
言われかねないが 少なくともワタシは
ヒトノ尻馬には乗らない

市川海老蔵騒ぎにハシャグ手合の馬鹿騒ぎは
タックウ! ナンナンだろか
大新聞が一面に記事を載せていた
当り前なら三面記事以外の
ナニモノデモナイ筈だ

三面とは 遠まわしに三流 と
ややの侮りを含んでのことだった

スポーツ新聞ならコレは仕方が無い
昔流なら赤新聞と言われていた
ガセネタと井戸端会議速記録? が
主流記事だからだ

海老蔵が殴った殴られた
ゴロツキレベルの喧嘩を
3大新聞が矜持を捨てて
一面記事とは情けない

さらに利いた風な ニワカに通ぶる輩が
歌舞伎十八番 成田屋の睨みがどうとか
講釈を並べているが 喧嘩以前に
初春興行の顔見世記者会見のサボリこそ
重大な歌舞伎役者失格事件なのである

歌舞伎興行での宣伝活動は淀川の川くだり
浅草寺の顔見世など 座頭はじめ
役者勢揃いして御ひいき筋への御挨拶が
興行には昔からの仕来りで
欠くべからざる礼儀である

それを「体調不良」を理由のドタキャン欠席は
役者失格もだが人格欠損である

歌舞伎宗家を自尊する市川家
当代頭領の団十郎が 父としても断固 勘当!
と叱責すべきところだ

モットモ何年か前 施政方針演説直前に
「体調不良」でドタキャンした
安部晋三首相がいる
政治家を失格したかと思いきゃ
まーだ代議士やってんでやんのョ

政治を志したのではなく
政治家家業を継いだ者
歌舞伎を志したのではなく
役者稼業を継いだ者

情けない事に その両者を共に
スター扱いのオベンチャラを並べる
マスコミ と そしてだ 皆の衆!

皆の衆が 提灯持ちのマスコミメディアと
意気投合嗜好思考の一致している事が
只今この国日本を不景気面にしている
遠因なのだと 御気付はメサレヌノカ!

事のツイデに 言っとくが
海老蔵は身体をマッチョに改造してた
時に色男を 時に女を 演ずる時は
どうするんだ
「やだねー」が歌舞伎を知る者
大半の声だった

成田屋十八番の 弁慶も荒事も
格闘技ではゴザイマセヌと忠告出来る手合が
皆無だったんデスカネ

そう言えばソウソウ
台本持って舞台に上がった
大根役者がいたいた イタヨ
胡錦濤中国国家主席と会談した
ワガクニ 菅総理大臣
A4位のファイルを持って
下向いてセリフ棒読みをしてたっけ
スッカラ菅も情けないが
情けない総理大臣の姿が
ミンナの日本の国の恥さらしだと
気が付く者(ブレーン)が
一国の宰相の傍らにいない事実に
ワタシャ暗然としておりました

全くモウ 人材枯渇
メクソとハナクソダラケニなった この国は
イツゴロ滅ビルのでしょうかネ

| | コメント (0)

Hの結婚式(1) ~ 山形庄内酒田 吉原幸子 山田奈々子 ~

承前 ♪山形庄内酒田♪
モト居候ヒデトの結婚式に招待された
喜んで(゜゜)~出席を約したが
目下 車椅子のワタシが山形への旅は
宇宙旅行も同様である

岐阜から元居候S
名古屋から元居候Y
元マネージャーNが参集し
今回の旅ワタシ付人である

朝 着替えをお願いのSサンに向って
ボヤイタ
「ナンとワタシは厄介な身体に
なったものょ」と
介護のYと上野から新幹線で仙台へ
仙台駅で先行のSとNに合流
車に乗り変えて鶴岡前夜泊だ

秀人結婚式式辞

結婚式のお呼ばれは何処のお席へでも
大変晴れやかな気分で
伺えるものでございますが
本日の秀人君の結婚式は
格段晴れやかに 気分高揚を
いたしてお伺いの次第でございます

先ほど ご先達お二方のお祝辞を
拝聴いたしまして 心からなる拍手を
申し上げました

なかでも新郎勤務の会社
○○社長からのお祝辞が
新郎に高い御評価を
お与え下さったことに
ほっとの安堵を致しておりますが
いささかながらホホをツネッテも
おるのも事実でございます

ご当地「庄内」では
如何かは存じませんが
私ども東京の例でございますと
結婚式の祝辞はおおむね「ヨイショ!」が
加算されまして 高値の御祝儀相場に
なりますのが 定番でございまして
後日当事者の実績に従い
時に内閣支持率と同じ経緯に
なりますのを心すべきかと存じております

ご紹介頂きましたように
私は 東京で呉服屋を営み
信州白馬でペンションと古民家宿とを
道楽半分に経営いたしておりました

信州白馬村は 人口9千人ほどですが
民宿発祥の地と言う事もあり
民宿 ペンション 旅館 ホテルなどの
宿泊施設が おおむね8百を超えて
存在いたします
従って観光シーズンには
人手不足になりますが その穴埋めが「居候」さんの存在でございます 

居候さんはイコールほとんどが
学生さんでして 夏冬の休み試験休みに
ミスターサンデー毎日や
ミス暇有りが 応募してまいります

その際私は アルバイト感覚の若者に
何時も一発食らわせます
「時給? バカ言うんじゃない!」
「貴重な青春の 大切な時間を
切り売りしたら 勿体ないだろ!」と
申し渡します

H2__


居候さんは家族同様に
お客様のいる間は夜遅く迄働き
お客様のいない日は
朝からスキー三昧で
同じ屋根の下で同じ釜の飯
濃密な人間関係が生まれて
アルバイトとは似て非なる存在だと
私流ガンコムカシオジサンの
自説爺説? を展開致しますが
それを理解出来る若者
別名バカモノが私どもひらさわの
居候になる訳でございますます

秀人は8年前
白馬の御宿かやぶき茶屋へ
居候にやってまいりました
マネージャー曰ク 近頃稀な
マジメ人間と評価でしたが
マジメと天然ボケは紙一重であります

秀人が来て間もなく
[かやぶき茶屋ライブ]がありました

私どもの[かやぶき茶屋ライブ]は
時に 人間国宝の方や国の
無形文化財の方々もご出演下さって
メディァにも その都度
ご評判を頂いております
秀人が参りまして直近のライブは
近代詩の[吉原幸子]先生が
室生犀星賞 萩原朔太郎賞 H氏賞と
詩壇三大賞を独占なさった
記念のライブでした

当夜の来演は 当代随一の琵琶
半田淳子さん 異色パフォーマンスの
モダンダンス山田奈々子さんの
コラポレーションでありましたが
私には少なからず 頭の痛いことが
ありました

吉原先生のご縁で女流詩人の
新川和江先生 草野心平先生の
秘書の方など錚々たる
オバチャマ方・七人様が
お客様としてお出でになるので
接待係を誰にするかが
キワメテの難問でありました

トコロがマネージャーはいとも簡単に
「ヒデトを起用する」と申します

秀人はウゴキもハナシも ロボット並で
心細いと大方の評判でしたが
マネージャーはダレがやっても
ムズカシイ だからイッソ
初心者丸出しの秀人が適任
との屁理屈でありました

マネージャーは太っ腹
そこにおりますウエスト98cmの
太っ腹でありますが 
結果は天を仰ぐものでございました

(つづく)

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »