« ごあいさつ ~ 秋 逸 会 ~ | トップページ | 「人物往来」「日々是好日」 »

チェンジ! 役者を躍らせるタナゴコロ外交 ~ オバマ米大統領  ~

オバマ大統領が
ノーベル平和賞受賞と聞いた

核廃絶のプラハの演説
中東和平の国連演説
それはそれでケッコウなお話ではある

オ説 ゴモットモ というべきでもある が
能書だけなら誰でも言える 
能書だけで 実績なし仕事なし
それなのにノーベル賞が授与されるなら
斯ク言ウ ワタシだって
ノーベル平和賞を モラエルチャンスが
アル! 賞金もバカニナラナイ

イッチ喋り捲るか と ユメをミタ! がダ

ノーベルの遺言は [前年の業績] に
与えられ 兵器削減&平和会議開催&
国家間の“友愛”だそうだ

ナンダ ナァンダ ワタシャ ヤッパダメか
と思いつつ (アタボーダ バカか)
にしても ヤッパリ“流行役者は十割得”と
役者オバマの存在を再確認したものだ

役者オバマを知ったのは
アメリカ民主党全国大会で
満場を唸らせた名演説との
雑誌記事だった

その後 役者オバマは
“金と力のある色女 ミセスクリントン”
相手の 大統領選挙予備選で
鮮やかで巧みな弁舌を武器に
ジリジリとのし上がった

ご存知のその経過に
私はヤヤ ノメリコンダものである
役者オバマの演説の実態を
是非知りたいと 私の願望が切望になった

ダガ言ったら ミモフタも無い話だが
ワタシは英語が 「読メナイ」「書ケナイ」
「喋レナイ」&「聞いても
サッパリワカラナイ」 性格(タチ)である

― ワタシが 理解スル英語は
“アイラブユー”の ワンフレーズ
タダそれのみなのである ―

2

それでも強情張って

オバマ演説集と称する CDを
買って来させて プレーヤーにかけた
結果は イウマデモナイ
「馬の耳に念仏」 だった
口惜しいからマタ聞いた モイチド聞いた
次ぎの結果も「馬耳東風」だった
何度聞いても判らないものは ワカラナイ

ただ 念仏から東風に変化したように
だんだん耳に馴染んでワタシにも
ワカッタことがある
オバマ氏は天性 役者なのである
恐らく 初出演?
桧舞台(民主党大会)での処女演説で
ショッパナご祝儀の拍手を浴びて
リズムが出た
やがて本物の拍手を浴びると
声に張りが出る
拍手とノリで拍車がかかり
やがて黒衣無しの
イェース ウイキャン と
高らかに言える様になる 

台本の台詞とアドリブとを綯い交ぜに
出来る なかなかな役者なのである

この当代一の千両役者が
耀いてノーベル平和賞直後の来日である

ホットク手はない 千載一遇のチャンスだ

ナニが何でも 何としてでも
広島長崎の舞台に お目見得をさせて
『 核廃絶の演説 』をさせる
 「させる」のだ!
それが外交と言うものではある

ただワタシは オバマ氏に
役者以上の期待はしないけど……ね

ヒマフロク 2009/11/06

|

« ごあいさつ ~ 秋 逸 会 ~ | トップページ | 「人物往来」「日々是好日」 »

「つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごあいさつ ~ 秋 逸 会 ~ | トップページ | 「人物往来」「日々是好日」 »