« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

嗜好を禁ずる世間の貧しさ ~  「人物往来」「日々是好日」Ⅱ ~

★木曜日 K君
毎週木曜日は私の通院日
脊髄へブロック麻酔注射
圧痛点へのトリガー麻酔注射で
レロレロになり 意識モーロー 船酔い
ノリP状態(?)での帰宅
それでやっとコサと 私の身体は
リセットできる

その[付添い介護車椅子]の
ハンパジャナイ“大変”を
退院後満3年間も
K君の世話になっている

当のK君は“大変”をオクビにも出さないが
近頃通院往復の
K君に辛い事情が生じてきた!?

一見マジメ風のK君だが
オン年5才ヨーチ園で初飲酒
現酒豪である(?) 

煙草は チュー学時代に初喫煙
現超ヘビースモーカー!でもある

嫌煙から禁煙へ
近頃サディスティックな正義面の横行で
東京の交通機関はオール禁煙である
喫煙者は あたかも非合法の
日陰者扱い ヤナ雰囲気の時流ではある

K君在住のJR千葉県M駅も
[首都園禁煙]になった
千葉のド真中がドーシテ首都園か
ワカラナイ
そもそも JR M駅は 東西南北
前後左右 吹きっさらしの屋上が
プラットホームである 
春夏秋冬 煙草のケムリなんぞは
吹きかけたくとも
他人の顔まで届かない!

ツマリは 健康に名を借りて
オソージイヤが本音だと
ワタシは推測する 

Img_2989



★K君 水曜夕

M駅から私宅への西新井駅迄
乗り換え3回の都度
駅舎の外へ出て一服だそうだ

さらに木曜朝 私が目覚めると
灰皿に5~6本吸殻がアル
車椅子押して10分
駅前煙草屋の灰皿で一服
義理堅く(?)その煙草屋で
ハイライト2箱を買い
乗り換えの秋葉原駅傍の公園で一服

下車 中野駅傍で一服
次15分病院入口バス停で一服
広大な病院の敷地内が禁煙なので 
点滴器具を曳いた患者さんが
パジャマ姿で バスの乗り場での
喫煙である 何とも言葉が無い

どの喫煙場所も ひたすらセカセカと
煙草を喫うためだけの人だかり
異様としか思えない

私は煙草を吸わないが
煙草屋だから覚えてる
約10年前 国鉄旧債務解消の為
煙草値上げをした
タバコ1本約1円の値上げ
そのタバコ増税分を
国鉄JRの借金返済にあてたのだ

だからドーノとは言わないが
取り沙汰されている 煙草増税論も
不可思議奇妙な話だ

税は 罰金では無い
ペナルティでも無い

いわんや税に 教育措置を求めるのは
ナンセンス以外何ものでもない

煙草増税値上げは イジメそのものだ
標的をつくり健康の大義名分を
こじつけ 趣味嗜好にまで
ずかずか入り込む風潮は
私には背筋の寒い不快感がある

煙草を喫わない私は
かって 山登り仲間やスキー友だちが
山頂でくゆらす紫煙一服を ほれぼれと
見惚れたものだ

パイプの煙り
それには 或る文化もあったと私は思う


トワイウモノノ
 『オマエも身体に気をつける年令だから』
と私は K君に苦言を呈した
『酒もほどほど 煙草も節煙したら』と
介護ベットの中から言ったらKは
「1日にケーキ11個食べたアナタにだけは
言われたくない」と
コシャクな反論をして来た

イイガカリ誤認ダ
ワタシは某日午後からケーキを
食べ始め 夕食後食べて寝て
深夜目覚めてから残りのケーキを食べタ
従って食べたケーキは
“二日”にワタっての11個なのである!

『1日デは マチガイ!
モノゴト正確をキセ!』と言ったら
 「ハイ ハイッ ハーイ」だと

「ハイ」にメロディが付くのが素直じゃない


事の顛末も含め K君の大酒を
ホームページ担当のタケウチ君に話したら
言ったぜカレシ
「ヒラサワサンが
アンコやケーキを止めれば
K先生も 酒タバコを止めると思います」
ダト

ソレ聞いて ワタシはヒソカニ
タケウチクンにサツイをイダイタ……?!

| | コメント (0)

「人物往来」「日々是好日」

★月曜日 FC東京村林社長
サッカー ヤマザキナビスコ杯
FC東京優勝

店のMさんから
「お近づきの FC東京の村林社長の
胴上げが テレビで放映されてました」と
聞かされ 腰を上げて
一騒ぎ落ち着いたところだろうと
ワタシ流のお祝を考えた

問屋を尋ね 探し出した
[ 白の作努衣 ]を御送りした
『優勝メンバー全員のサインを入れて
お召し下さい』と 手紙を添えた

謹厳な村林社長が
優勝サインを身体にまとい
一献傾ける図! これはミモノ
楽しみではある

P1010020



★火曜日 モト居候
岐阜からS平がやって来た
いわゆる“一流会社”の3年生研修で
3泊4日の東京滞在である

数日前電話があった
「ドコカ東京のヤスイホテル
知りませんか?」だってサ
『バカタレ一番安いヤドヤは
きものひらさわに 決ってンダロガ』
「ヤッター」だと! 

大食漢の彼の為に
カレー&トマトシチュー&チーズホンデュを
大量に用意した

私の大好きな中津川の栗きんとん
を手土産に 彼はやって来た 
ノン兵衛の彼に相応しく
グイグイヤリナガラ
毎夜午前様になるまで話は尽きなかった

彼は 大晦日直前予定日の
双子の赤ちゃんが誕生する
お土産は渡さずにおいた ???に
したからダ

Shei



★水曜日 小学校2年生
由紀さおりさんのコンサートに
Kを連れて行く事にした

只今子供歌舞伎にすっかりのめり込み!
“立ち回り”“義大夫”のお稽古
率先修養中の小学2年である

Turi


異質だが 晴れやかな舞台
コンサートを観せるのも
オベンキョと考えたからだ

パパ ママ 曰く
「一人っ子だから 人様のお世話や
面倒を見る事が無い」ので良い機会
「オジチャマの車椅子を
今日はKに押させて下さい」
との成り行きで 新米運転手誕生!

「動きマス!止まりマス!と
オジチャマに言って!」

「失礼シマス! と
まわりの方に言って!」

「大きな声出して!」

「エレベーター降りる方が先」
と雷オヤジの叱声!
Kはメゲズに頑張っている

★水曜日夜 安田祥子さん
開場前 場内入りの安田祥子さんが
遠くから目敏く見つけて
小走りに駆け寄りご挨拶下さった

Yasuda090429


ジョークをふくめ私が
『今日は 観客ですか?監督ですか?』
とお聞きすると 品良く「ホホホ」と
微笑まれ片目をつぶられた
Kも両手で握手して頂いた
「あのオバチャマの手温かだったょ」…… 

一週間前 FM西東京に
15分間私が出演した
他事にかこつけ
{新曲発表の由紀さん}の
PRトークが主だったが
ヨイショでなく力説した

安田祥子さん由紀さおりさん姉妹の
2000回を超えるコンサートの事である

私は言った
2000回はギネスブックではなく
ノーベル賞ものの記録だと

ご姉妹仲良き事 羨ましく美しき哉 である

楽屋見舞いのお好きなカリントウ
次回はトラック山積みにスルカ!!

ヒマフロク 2009/11/20

| | コメント (1)

チェンジ! 役者を躍らせるタナゴコロ外交 ~ オバマ米大統領  ~

オバマ大統領が
ノーベル平和賞受賞と聞いた

核廃絶のプラハの演説
中東和平の国連演説
それはそれでケッコウなお話ではある

オ説 ゴモットモ というべきでもある が
能書だけなら誰でも言える 
能書だけで 実績なし仕事なし
それなのにノーベル賞が授与されるなら
斯ク言ウ ワタシだって
ノーベル平和賞を モラエルチャンスが
アル! 賞金もバカニナラナイ

イッチ喋り捲るか と ユメをミタ! がダ

ノーベルの遺言は [前年の業績] に
与えられ 兵器削減&平和会議開催&
国家間の“友愛”だそうだ

ナンダ ナァンダ ワタシャ ヤッパダメか
と思いつつ (アタボーダ バカか)
にしても ヤッパリ“流行役者は十割得”と
役者オバマの存在を再確認したものだ

役者オバマを知ったのは
アメリカ民主党全国大会で
満場を唸らせた名演説との
雑誌記事だった

その後 役者オバマは
“金と力のある色女 ミセスクリントン”
相手の 大統領選挙予備選で
鮮やかで巧みな弁舌を武器に
ジリジリとのし上がった

ご存知のその経過に
私はヤヤ ノメリコンダものである
役者オバマの演説の実態を
是非知りたいと 私の願望が切望になった

ダガ言ったら ミモフタも無い話だが
ワタシは英語が 「読メナイ」「書ケナイ」
「喋レナイ」&「聞いても
サッパリワカラナイ」 性格(タチ)である

― ワタシが 理解スル英語は
“アイラブユー”の ワンフレーズ
タダそれのみなのである ―

2

それでも強情張って

オバマ演説集と称する CDを
買って来させて プレーヤーにかけた
結果は イウマデモナイ
「馬の耳に念仏」 だった
口惜しいからマタ聞いた モイチド聞いた
次ぎの結果も「馬耳東風」だった
何度聞いても判らないものは ワカラナイ

ただ 念仏から東風に変化したように
だんだん耳に馴染んでワタシにも
ワカッタことがある
オバマ氏は天性 役者なのである
恐らく 初出演?
桧舞台(民主党大会)での処女演説で
ショッパナご祝儀の拍手を浴びて
リズムが出た
やがて本物の拍手を浴びると
声に張りが出る
拍手とノリで拍車がかかり
やがて黒衣無しの
イェース ウイキャン と
高らかに言える様になる 

台本の台詞とアドリブとを綯い交ぜに
出来る なかなかな役者なのである

この当代一の千両役者が
耀いてノーベル平和賞直後の来日である

ホットク手はない 千載一遇のチャンスだ

ナニが何でも 何としてでも
広島長崎の舞台に お目見得をさせて
『 核廃絶の演説 』をさせる
 「させる」のだ!
それが外交と言うものではある

ただワタシは オバマ氏に
役者以上の期待はしないけど……ね

ヒマフロク 2009/11/06

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »