« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ごあいさつ ~ 秋 逸 会 ~

朝(あさ)靄(もや)に茜の煌めき

屹立する山並みは

真白なヴェールをまとい

裾ながに 草紅葉

鮮烈に 秋が去り行きます




この夏 暑さの中 しとどな汗を
ぬぐいながら
遠来の 見知らぬお客様方が
引きもきらずに
 「きものひらさわ」へ
ご来店を下さいました

ちい散歩=テレビ朝日の大評判を
見聞きされて
ゆかたアロハのお求めと
ライオン看板を眺めに
お出かけのお客様で
大賑わいでございました

絶賛を浴びた「ゆかたアロハ」
「ライオン看板」は
きものひらさわ自慢の
言わば独壇場とも申せます

父や母の世代の
切なく苦しい戦後の混迷の時代に
ライオン看板は起ち上がる復興へ
の道しるべでした
ハワイでの 辛苦な生活だった
日系移民の人々の ゆかたアロハには
お洒落に着る原点がございます

日本人の先達は
ゆかたアロハの成り立ちのように
時に 貧しく ぎりぎりの暮らしのなか
にあっても 明日を見つめ
今日を愉しむ 心映えがありました

2009_2

ボロ織り 裂き(さき)織り コギン刺し

刺し子 野紡ぎ(のつむぎ)
ぜんまい紬 芭蕉(ばしょう)布(ふ)
紙(し)布(ふ) 楮(こうぞ)布(ふ)

驚嘆すべきアィデァと
辛気 根気な手仕事によって
無から有を生み 美しく着るきものが
生れ育ちました

そして きものは
四季の自然に寄り添って 花開き
染めに 刺繍に 金銀箔に 絢爛
優雅 気品の装い
女の人の 人生のおりふしを飾る
世界に冠たる衣装
憧れの衣装なのでございます


モノトーンの冬から
華やぎの春への きもの
この秋 きものひらさわが
心して集めました逸品のきものの数々を
お目に掛けたく存じます

お誘いあわせ
ぜひともお出かけくださいませ



きものひらさわは
店主いまだに車椅子生活で
行き届かぬ 御応対になるかとも
ぞんじますが
心しての 精一杯を努めます所存で
ございます

何とぞ お引立を
よろしくお願い申し上げます


平成二十一年秋

ひらさわ呉服店 店主

| | コメント (0)

足立区長 近藤やよい様

深み行く秋の気配ひとしおの作今です
ご健勝にて ご精励の向きと存じます

過日は 舎人公園に於ける
サッカーサテライト試合が好天に恵まれ
盛況裡に行なわれて安堵を致しました

翌日昼 FC東京村林社長より私に
電話がありました

「いやぁ感心と言うか恐縮をしました
午前中一番に近藤区長から
メールを頂きました 月曜朝一は恐らく
大変お忙しいところを
何とも言葉がありません」と
感嘆しきりの口調でありました 

言うべくもありません
私も膝打つ思いでありました
時に政治の要諦は気配り言わば
人心の掌握であります
「やよいさん やったぜ!」と
口元の綻ぶ思いでした


たかがサッカーサテライト
されどサテライト試合です
公式野外スポーツ試合の皆無であった
足立区において
二度目の公式試合が行なわれ
しかも村林社長曰くに
少年サッカーも活気に満ち
観客動員も盛況であった とのこと
明るい話題の成功にほっとしたものでした

過ぎる日
区長としての毎日新聞の闘論を拝しました
ご自身の過去をも真摯に語り
行政の長としてでなく
一人の人としての所論に
私は胸打たれたものでした

ただしかし如何ともテーマが
足立区の負の部分でした
初の裁判員制度公判報道も
又足立区の殺人事件でした

負のイメージ多い足立区の曙光に
日頃私は心中密かに
足立区長近藤弥生氏に
期するところが大であります

0910_2



余談をお聞き下さい
呉服屋としての私は 日頃常に
人それぞれに「華=はな」の物差しを
当てております
歴代足立区長はそれぞれ業績に
毀誉褒貶がありますが
残念乍ら誰方もが 明るさに欠け
華に欠ける方が多く
足立区の発信力不足の要素であったと
考えておりました

今まさに「華のある」近藤弥生区長に
希望を託する私のような
一区民の在ることもご存念下さり
ご活躍をと希います


ご差配あって秘書室
H氏より電話を頂きました
些事に お心配りを
大変恐縮に存じておりましたが
その折 思いつく幾つかの懸念を
お伝え申しました

舎人ピッチ芝改良の手入れが
急遽執り行なわれた件で
FC東京側も芝管理専門派遣など
好意的でありました
芝生の状況が漸くレベルに達したとの
報告謝辞を受け
その折に私はオラガ(?)足立区長の
即断実行の所以だとハナタカダカ! と
FC東京に自慢をしたものでした


この度と限らず イベントは
その成否如何に拘らず
結果に至る過程での
濃密な人的交流が大事と存じます
来期に向けて 礎石完成かとの
感触もあります

ぜひとも足立の子供達の
未来のためにひとつづつでも
成功の結実を将来に繋げるべく
折角ご力闘を期待申し上げます

お大事 お大切な お立場です
くれぐれもご健康にご留意下さい


平成二十一年十月五日

            関原 ひらさわ呉服店

                   平澤 建二

| | コメント (0)

暇フロク復活

~ この夏 連日軽い目まいにみまわれて
主治医に「パソコンなど控えて」と
ご注意があった

今日は十月九日 台風一過
目まい無し 暇フロク再開!を決
行(ダレモ キタイシテナイが!)~ 

~各位乞う ヒマミテ お目通しを~


アメリカ サウスカロライナから
電話 Y夫妻だった
時差でアチラは十月八日「戌ノ日」である
アメリカでイヌの日でもあるまいが
私のオオキナ御世話で
赤ちゃんご妊娠の腹帯を 安産祈願!
目出度く オナカに巻く日である

Jリーグサッカー選手のY君が
一昨年春 再起覚束ない大怪我をした
必死のリハビリで快復後
心機一転 渡米して新天地へ落ち着いた
奥さんMさんも追うように
この春渡米 しばらくして電話があった

「赤ちゃんが出来ました
二月二十日が予定日です」
-ワタシの誕生日は2月19日である-
カンケイナイが アルヨウにも思える
何時もながらお節介ムシが 目を覚ました
「安産祈願に 水天宮様の御詣りに
ワタシが行って来ます」と
奥さんのMさんに約束をした


この夏 岐阜のS平からも吉報だった
「双子の赤ちゃんでーす」
『オメデト予定日は』と聞いたら
「12月30日」だそうだ
卒論も就活も切羽詰って行動したオトコが
父親になるのだから大晦日前の出産も
マァマ ソッカ ソッカ イソガシイオトコょと
私は独り合点をした

05_suitengu



S平夫妻の祈願の時は
Nチャンに頼んで 真夏の暑い最中
水天宮様に出掛けた

水天宮は 人工地盤の二階建
御神殿がいわば階上2階に建てられ
御神殿の階下が駐車場である
「これって社長 違和感ないですか」と
Nチャンに再三尋ねられた 
答に窮し 答にならぬ答のワタシ
 『JR山手線某駅前の神社は
3階建てでだょ』

『御神殿下は スナックと焼肉屋と
居酒屋とウドンヤとバーだ』

「ソノ場合 社長!
持ち主をお呼びするのに
神主サンですか? 家主サンですか?」

『知るかソンナコト』 

天地シロシメス神サマにも
都会の住宅事情がオアリノ世相なのだ


Y夫妻安産祈願には
シルバーウィーク連休に
名古屋から遊びに来ていた Y平に
「水天宮様」へ連れて行けと命じた
純真ムクのY平の御下問が始まった

何故イヌの日が縁起好いかと聞かれた
『イヌの仔のようにコロコロ生まれて
安産祈願』だと答えた

S平さんの場合双子
は腹帯が2本かと聞かれた
『バァカ 1本だ 2本じゃフンドシになる』

双子の場合オナカが2倍になるかとも
聞かれた
『知ルカ 私ゃ呉服屋だ
産婦人科で聞け』

オトコが産婦人科へ受診出来るのかと
聞かれた
『タクゥッうるさいカミサンもらって聞け』

ガッコのオベンキョ以外
何も知らない27才188センチの
大きなボーヤを相手に 珍問愚答

悪戦苦闘 めまいが また
ハジマリそうだった


さてと私の場合も考え込んだ
狸が妊娠したら オナカは
ドー変化するのダロウカ? 

真っ当なこの疑問 だが イイトシシテだ

誰に 聞いたら相手にしてくれるだろ
めまいが またハジマリそうだ

暇 フロク 2009/10/09

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »