« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

目が回るような忙しさ ~ ちい散歩 花火 浴衣サッカー 子供歌舞伎 サンデー毎日 ~

「目が回るような忙しさ」 の形容句がある
私の目が回った 生れて初めての目まいである
メリーゴーランドに乗ったような
フワリふわりと 大きく弧を描いての
目まいである

「お医者さん!」「検査!」と
周囲が心配してくれたが
『アリガト』と生返事で終わらせた

原因は カロウである
目下ヨタヨタ歩きに車椅子
本来過労には 程遠い[動き]なのだが
私の体調にしては 過労なのだとの
《自己診断》!は きわめて正確と
言うべきだろう

我が家は 店を除き11部屋あるが
目下私のフィールドは
台所と茶の間&トイレのみ

1DKと言えば体裁良いが
柵付介護ベットで枕の頭上が
仏壇の茶の間住いである~

近々便利を感ずる予定がアリソウダ?


7月23日@足立の花火

「せめて子どもの浴衣は新調しょう」 との
お客様で大賑わい
景気のセイ?か ぎりぎり切羽詰った日に
お出でのお客様方で大忙しだった
超特価品がヨク売れた
仕立上り1,500円の浴衣が
飛ぶように売れた 景気のセイ!だ

夕方から
ドカーン バリバリ シュシュシューンと
花火の音が 賑やかだ
我が家の3階ベランダは特等席で
打上げ花火も仕掛花火も
目千両の観覧席になるのだが
この夏 お客が皆無である?!
そりゃそうだ
階下であるじが柵付ベットの中である
階上のビールも賑やかな騒ぎも
遠慮ショウと気遣って来ないのだろう
心遣いが嬉しいような ほろ苦く切なくもある


7月25日@浴衣着てサッカー観戦

7年前の私の仕掛が成功して
東京夏の風物詩に定着した
浴衣姿3,000人の観衆は 一見の価値有り
愉しいイベントだ
FC東京マスコット・ドロンパ君の浴衣も
ひときわ目を引いた
きものひらさわ特別仕立である

Dronpa



7月27日@テレビ朝日「ちい散歩」

ゆかたアロハ&ライオン看板を語った
絶賛大放映とも言うべき 大反響!!だった
酷暑の中を ご遠路からのご来客が
引きもきらずで 商い冥利
精一杯お相手の連続だった

― 相手変われど主替わらず ―
休日無し2週間 ホントはホトホト
バテマシタ

Ti



8月18日@子ども歌舞伎Kの初舞台

演目は釣り女 小学校二年Kは醜女役である
両親は二枚目役でないのが
いささかゴ不満だが オジチャマの私は
演技力を買われての 個性派役と
贔屓目で考えた 

初舞台! モチロン群を抜いてオ上手だった
ナニシロ コノ私が一夜ヅケ指導を
シタノダカラ!

Tsurionna



8月23日@サンデー毎日

ひらさわオリジナル[ ゆかたアロハ ]の
特集記事が掲載された
この夏の有終の美と言うべきか
丁寧な紹介記事で有難かった

遠く札幌から ご注文が舞い込んだ
ポプラ並木に ひらさわの[ ゆかたアロハ ]
素敵な出会いになる ご縁である 

Sundaymainichi090823


― めまい ― は 検査結果
目下は原因不明である

『イイジャンよう
どーせ 賞味期限切れなんだから』

ヒマ フロク 2009/08/27

| | コメント (0)

私は熱中症である ~ ちい散歩 ゆかたアロハ ライオン看板 ~

― 私は 「熱中症」だ そうだ ― 

歯科医K君の 御ミタテだが この熱中症は
昨日今日の罹患でなく 先天性ナンダト?

どうでもイイが 

7月27日朝9時55分 テレビ朝日「ちい散歩」
TV放映画面に ひらさわ呉服店が登場するや

ものの5分も経たぬ内に お問合せ電話が
殺到し始めた その数おおむね5~60通話!!

最終は夜11時頃迄 ひきもきらぬ応対に
熱中症の私は バッタリ
カウントダウン寸前だった
テレビ放映は あれこれ5度目の経験だが
「ちい散歩」の凄まじさは 初体験である

「くろだデス」
『?』
「四谷の」
『ァ~!』
「お元気そうで」~元気な頃
ワガママの利いた小料理屋の女将
「コタニでゴザイマース」
平成2年頚椎移植手術 警察病院入院の頃
リハビリ受付のおばチャマ
「お元気そうで」と
励ましの電話を下さったのだ
41年前に亡くなった弟の友人
信州安曇野から
18年前リハビリ入院時代の知人 などなど
思いもかけぬ旧知の方々から数多いお電話に
「ちい散歩」の幅広い高視聴率が垣間見える

「ちい散歩」のテレビを観て
ご来店客がこれまた多彩だ

「ちい散歩」放映後
昼前に茨城県からご到着のお客様
私の感覚は茨城から3~4時間はかかる
伺うと番組途中で 早々支度
「お父さんに車で駅へ 筑波エクスプレス
(私知らなかった)に乗り
降りて またすぐ タクシーだったトカで
乗り物の利便よりも TVの威力
マザマザと感じた

Chi


初日深夜 K君から電話があった
― 忙しくとも身体を大事にしろ ―との
忠告かと思いきャ である

「明日は火曜定休日
デモ開店した方がイイョ」だと
ナンダナンダ『病院の通院だょ』と言ったら
「病院はキャンセル!
お店の大忙しが 熱中症のヒラサワさんには
クスリですょ」?!?!......

『うるせぇ』とは答えたが
内心 言えるイエルと考えて
火曜日も木曜日も開店営業と相成った

テレビはコワイとも思った
2時間半かけて都下からお出での方に
お茶をお出ししての打ち解け話
「(店の)この座卓 江戸指物ょね」
「TVですぐわかったゎ」
「あなた様の江戸弁とお似合いだから」
「嬉しくなって飛んできましたのょ」......
『恐れ入ります』

ご注文が 長野市 箱根 水戸
三宅島 etc......
さらにサンフランシスコ在住の方からの
たどたどしい日本語のお電話に
驚くやら恐縮するやらであった 

日系の方が帰郷中の 赤坂のホテルの部屋で
「ちい散歩」をご覧になり
― ライオン看板 ― これぞ日本
― ゆかたアロハ ― これぞ日本 と
感激されご来店 ゆかたアロハご注文頂き
大至急の仕立てで お帰りに間に合せた
大喜びのご様子を お知らせいただき
店員ともども胸熱かった


さまざまな 出会いと語り合い
スーパーやデパートでは有り得ない
古き良き時代の商いの姿を 
「ちい散歩」が ひらさわ呉服店に
再興させてくれたが
まだひとしきり「ちい」商いが続きそうだ

ヒマフロク 2009/08/15

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »