« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ちい散歩 ~ ライオン看板 ~

二階きもの展示室で お客様のお相手中
階下の店から「オニィちゃーんっ」と
叫ぶ声!
火事かっ! 喧嘩かっ! 位に
ケタタマシイ!!大きな騒ぎ声である

店番のY子さんは 幼い頃から
お嫁に行くまで 我が家の近くに住んでいた
習慣で彼女は私を 店では「社長」
奥へ入るとイイ年ナノニ「オニィちゃん」と
呼称が変化する
下町っ子だから 小柄でも
声は大きいヤカマシイ
「チイサン」「チイサン」と
ケタタマシイ連呼で
「早くっハヤクッ」と意味不明?
ワタシは御存知 車椅子!
急には 立てない!歩けない!

二階からリフトでウィーンと
階下に降りるが これが何時もながら
イライラするほどノロイ
二階でMさんにお相手交代のお客様も
立上がって 階下をノゾカレルホド
店先が騒々しい

ヨタヨタと店に出た私の目前に
ライトとテレビカメラが カマエテいた

眩しいライトの向こうに 見覚えのある顔!
テレビでお馴染み 地井武男サンと
お見受けした
サラニ見覚えのある顔!
数日前 「ゆかたアロハ」をお買い求めの
‘若い衆’が居た

ゆかたアロハをお買上げの際
かなり(シツコク)私の能書を
次々聞き質した‘若い衆’である

その時 私は「ひらさわオリジナルアロハ」に
ついて ヒト講釈を 並べたものだ

―アロハシャツは 大正、昭和初期
ハワイ日系移民の人々が 持っていた着物や
浴衣を解いて 開襟シャツに仕立直したのが
ルーツ それを昭和の初め大阪の呉服屋が
「アロハ」と商標を取得

第二次大戦後
― 憧れのハワイ航路などと
外国旅行のメッカだったハワイと軌を一にして
ヒットしたエキゾチックな流行商品が
アロハシャツ ― なのだ

だから言ッチャァナンだが
『ひらさわオリジナル ゆかたアロハ
きものアロハ』 こそが 世界中他に無い
由緒正しい正統派アロハ
限定これ逸品のアロハであると自慢をした

モノはツイデ
「アナタサマの着ているアロハは
プリント染めの 模写アロハ」とイッチャッタ

何時もながら少し言い過ぎカナとは 思ったが
その時その若い衆は 黙って素直に聞いていた

その若い衆が ちい散歩の
ディレクター だったンだと!!サァ!

つまり あの時は 下見 下検分
オシノビダッタノデアル
【アロハ1枚お買い上げ】

チイさんは いたく[ライオン看板] を
気にされている お年を伺うと
昭和17年生れと言われる
さればこそだ 戦後ライオン看板建ち上げの
辛い時代もご承知なのである

派遣→ニコヨン リストラ→首切り
ネットカフェ→ドヤ ホームレス→浮浪者 と
今の時代と時代が重なる


地井さんと 店長の弟のヨメさんが
千葉県の高校時代の同期生だとのご縁も
判明した
また何れかの日 ゆるりと談笑の時があればと
想いを残して 小一時間の撮影が終わった

―――ちい散歩 7月27日朝9時55分より
きものひらさわも ちらりと映る筈である――

一期一会 09-7-19 ヒマフロク

| | コメント (3)

蛙の面に小便 ~ 淫行知事に厚顔無恥首相 ~

気分不愉快な言葉を聞かされると
「鼻白む」と言う
生理的に気色不愉快な言葉を聞かされると
「顔を逆撫でされた」と言う

東国原知事
「私を総裁候補として総選挙をお戦いに
なりますか?」と ほざいた
鼻白む 顔を逆撫でどころか
私は胃の中の物が逆流するか-
と気色が悪かった

落ちぶれた自民党が 見くびられた
象徴的な出来事だともいえるが
ここで間違えられては困る
自民党総裁候補は
痩せても枯れても この国の[総理の座]へ
スタートラインに位置している
如何に当今 脆弱とは言え
我が日本国の宰相に
東国原知事そのまんまは ご免蒙りたい

東国原知事そのまんま東氏は
言論妨害の暴力事件 不倫騒動で
つい先頃世上賑わせたではないか

不倫事件や暴力事件への 言い訳として
~三分の理があるやも知れぬ だがしかしだ
15才だか16才だかの少女への淫行事件は
論外の沙汰だろう
常識非常識の範疇を超えている
15~6才の子供を性の対象とするのかと
私は寒気がして不快であるし
その過去を不問にしない

男はミンナ助平である
ワタシだってスケベエである
明治の元勲の多くが 芸者を妻に娶っていた
吉田茂元首相が 芸者あがりの女性に
晩年傅かれていた
田中角栄元首相に お妾さんがいた 
鳩山一郎元首相の懐刀 三木武吉には
7人のオメカケサンがいた!

オトコハ 皆スケベエである
ワタシもスケベエだから
『ケッコウ ミンナ ヤッテルジャン』と
ウラヤマシク思ったりもする
だがしかしだ
少女を性の対象にするような男は
品性おぞましく 下卑て不快で 見下したい

一国の宰相には 古い言い方だが
抱負経綸とともに
リーダーたるの品性資質が大事だ

忘れてはならぬ最近の出来事がある
リーダー足り得ない総理大臣に
二度苦汁を呑まされてソノママだ
安倍トンズラ首相 福田ズッコケ首相の
二人だが 総理を辞めても
マダ代議士の給料を貰ってる

図々しいのか 破廉恥なのか
蛙の面にションベン と言えば
カエルにシツレイかも知れぬ

大関なら負け越しても
平幕での相撲取りを許せるが
横綱は辞めたら 相撲取りを引退するものだ

プロ野球の監督は 監督辞めたら
グランドを去るものだ
それは確固たる世間の不文律である

「リーダー」は 常に背水の想いで先陣に起ち
率いる者達の尊敬を 一身に集める識見が
必須だ
いわんや総理大臣だ
この国の代表として相応しい人は
そのまんま氏の他に
まだまだゴマンといる筈だと 私は信じたい

ブラブラ病の麻生
イカガワシイそのまんまを支持する 愚民が
目覚めるのはイッタイ何時かねぇ


ヒマフロク一期一会 2009/7/5

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »