« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

親というバカがいる平和 ~ 歌舞伎 ~

親と言う字に フリガナ付けりゃ
ミエとバカとの カサねガキ ―――――

[子ども歌舞伎オーディション
一夜づけ講義塾] 講師ひらさわ店主センセ
お受験生K(小2)
受講料アンデスメロン?
(但し講義終了後 講師から→お受験生に
プレゼント)
受講料を講師が支払う不合理!?
(ワタシの出費)は この際 問題にはしない

Kチャン落ちれば ワタシの名誉にカカワル!
と 張り切った 
1、基本 タルベキ 日本語発声
K家の日常会話を 講師(ワタシ)が
声色発声

パパ
「早く顔洗って 学校に遅れるぞ」
ママ
「ハヤク~オカオをぉアライナサイっ
ホラホラッガッコょ」

男女の違いではない ハラ(腹)声と
ノド(咽喉)声の差
パパは昔ギタリスト
唄も歌うボイストレーニングも経験
ママは今風と ワガ学説?を披瀝した
すると Kはウナヅキ
「女子アナ みたい?」と言ったので
今度はワタシがズッコケタ

~余談ながら 女子アナって
聞きようで(女子 アナ?)ひどく下品で
猥雑ではないか~
~テレ朝? 朝からテレてどうするの~
スポーツ紙に美人局アナ(ツツモタセ?)
辞書引けバカか!


閑話休題


今時の子どもに縁の無い
七五調を如何にするかだが
思い切って平家物語にした
「忠度都落ちの段」
講談調にいささかオーバーにやった
『薩摩守忠度はトントトン トントン
いづくよりかトントン 帰らりたりけん
トントトン 侍五騎トン
童一人トントトン トン~』

K


ガキは素直である ものの10分
5回程繰返すと
「サツマノカミタダノリワ」
トントトン トンと
出来上がり極上であった

正座は普段から教えられている
Kの格好なかなかのものである

名乗りがマズイ
「○○でーす」と幼稚園発声である
「○○です」オナカから声を出せと厳命した

これって近頃 未成熟の大人たちにも
ワタシはしばしば 気色を悪くしている
銀行員が「イャッシャィマーセ」と迎える
電話で未知のセールスマンが
「オセワサマデース」
「○○○会社○○支店○○係○○が
お受けします」
たっくぅクタビレルんだょ 変なの多くて!


閑話休題


明日面接着用ゆかたが
当然の如く きものひらさわ店頭から
受講料メロンとともに消え去った


翌日夜 Kから電話があった
「オジチャマ 合格したょぅ」
聞けば口頭試問に 試験官口移しで
弁天小僧の科白をやらされたそうだ
「お辞儀もお名前も 上手に出来たょ」
なのだそうだ 『よかったねー』
やったぜである

後日パパ曰く
「約4倍の競争率だったけど
ウチノダケがアガラナカッタ」とノタマワッタ

『アノネ イチヤヅケが
ミーンナ的中したんだょ』と言いかけて止めた

昔の年寄りが言っていた 
バカを見るなら親を見ろ
オヤバカチャンリン聞いてやれって!


一期一会 09-06-20

| | コメント (0)

レッツ! 歌舞伎

ウチのホームページ担当 タケウチ君は
一定レベルを 超えて知的と 私は思っている
時々舞いアガリ癖の ワタシへの 助言も
適切で ジョーシキもケンシキもある
好青年である

トコロがその彼から
トッジョの想定外発言があった
「ガマノ油売り 一枚二枚って ナンですか」

『??』である
日本の伝統文化とまでは言わないが
日本の伝承がタケウチ君レベルに於いてすら
ぷッンーかょー と
キワメテ カゲキにショウゲキを受けた

勇を鼓してワタシはヤッチャッタ
『さぁーてお立会いお立会い~』
『~ ~』
『抜けば玉散る 氷の刃』
『タダ ノウガキでは ワカラナイ』
『一枚ガ二枚 二枚ガ四枚~~~ッ』
ガマの油売りの口上をゼンブヤッチャッタ~
「判りました」とミスタータケウチは言った
= 彼の常識見識 健在の如くである

この一件には クラスター爆弾的
伏線があった

某日Wより電話
「ムスコが 子供歌舞伎のオーデションを
受ける事になりました」

『?』

「社長 メンドウ見て下さいネ」
『??』---『やだょ』と言ってやった

何故って W親子3人は歌舞伎を観た事が無い
それどころか3人は 歌舞伎座すら
見た事が無い
ソレガドーシテ子供歌舞伎ナノダ

Gama

三十六計?
『私にゃ大役で無理ダョ』 と
逃げるに如かず!と考えた ところが
敵?もサル者だ
「社長!Yの入試の時に
付添いで名古屋迄出掛けるトカの
無茶アリマシタよね」
『?』

「Yは大学院 !! ウチハ小学校2年です!
フフフ~」だと

さらに波状攻撃で カミさんが電話に代った

「オジチャマ! 男の子は
ジュクジュク育てるナって 仰ってたでしょ」
「和にしましたのょ ホホホ」

「SクンHクンの卒論を 徹夜で仕上げた
オジチャマですから」
「ウチノ子の オ受験一夜漬けもよろしく~」
―クライター爆弾は 支離滅裂に爆発する―

かくてオーデション前日 親子3人を
我が家に迎え入れた
私が名付け親のKは ひいき目もあるが
利発な子である
玄関から仏壇に直行 手を合わせてる
ただし子供だ お供えのメロンが
気になるらしい
メロンを牽制球に 講義概論?からはじめた

ガキのガマンは40分ほど
ワタシのゲンカイも4~50分と考えた

一気呵成に タケウチ君レベル向きでハジメタ
『知らざぁ 言って聞かせゃしょう』
Kは椅子からずり落ちそうに
目を見開いてワタシを見つめてる

『生れは遠州浜松在~~日本駄右衛門!』
Kは口アングリで 私をミツメテル
委細構わず続行だ
『さてその次に控えしはぁ~』
『弁天小僧~菊~の~す~けぇ』
Kはオジチャマのオカシナ口調に
圧倒され続けタ 一言も発しない! 

かくて [白波五人男稲瀬川勢ぞろい] 
ドロボー5人の話を皮切りに
私のメイ講義が始まったノダ

さてその次の顛末は 何れマタ

| | コメント (0)

江戸っ子は 五月の鯉の吹流し ~ 恥ずべき日本の宰相たち ~

[ 江戸っ子は 五月の鯉の吹流し ] である
爽やかな五月晴れの空に
悠々遊弋(ゆうよく)する鯉のぼりは
私も憧れる男の生き方のように思える

だが物事表裏である
別種族は[ 口先ばかりハラワタが無し ]
ソノ典型が ゴ存知麻生太郎である

ペラペラ喋るが キモ(胆力)が
据わってない
右に 左にと ブレル
昨日と今日とで話が変る

麻生太郎 嫌味な男でもある
党首討論を観ていた
悪口毒舌も ユーモァの衣があれば
精彩を放つが 麻生首相には
ユーモァもエスプリも ゼロだ

ひたすら他所への攻撃のみ
「答弁でなく 討論を……」
などと愚にもつかぬ 揚げ足トリと
「フタタビ代表就任おめでとう……」
などとのアテコスリ
宰相たるべき品格が かけらも無い

人の振り見て 我が振り直せ
と言うではないか

ヨッパライにバンソウコウ
極めつけはヨソのカミサンと不倫旅行
コレって新聞記事的表現なら
“フシダラみだらな行為”なのに
麻生首相に言わせると
「健康上の問題……」だと? ナンだソレ

私は民主党にも 全幅の信頼をおいていないが
このところ自民党のテイタラクは
如何したものか

トンズラ首相安倍晋三
ズッコケ首相福田康夫 
トンズラ安倍は オーストラリァ
インドへの外遊 帰国直後にトンヅラ!

ズッコケ福田は サミット直後にズッコケ!で
共に諸外国には無礼千万!だった
国益をも損じた 

Carp


両者ともに 日本国民に対し
政治空白を作った迷惑千万を
シレットして 議員辞職をしていない

本来この不明を詫びて 衆議院解散
民意を問うのが 麻生首相
唯一の任務の筈だった

それが愚図でグズ 居座り
景気回復がドーノとか言うが
本音は「サミット出たい」位のトコロだろ

ヨッパライの恥さらし
トンズラ ズッコケは
世界中の笑い者だったのだ
次期選挙で公認候補にはしないのが
矜持と言う事である

彼我 比べものにはならないが

第二次世界大戦 敗色濃厚な英国で
先陣に起つ 時の首相チャーチルが
国民に訴え語った
「私が提供出来るものは
血と労苦と涙と汗である」 と

それは 苦難最悪状況下のイギリス国民の
士気を鼓舞し 勝利への確信へと導いた
名言だった

一国のリーダー宰相たる者の
捨て身の気迫と 献身と 雄弁とに
国民すべてが奮い立ったのだ


翻って日本 現今100年に一度の経済危機
その最中 不況困窮の時だ
国家百年の大計のために
定額給付金や補正予算の ばら撒きは要らない
必要となるべきは 今まさに
この時 この国に涙と汗を知り
困難の先頭に起ち
労苦をいとわぬ政治家 が 欲しい
切実に私はそう考えている

| | コメント (0)

芸NO人にあらず芸人なのだ ~ 由紀さおり安田祥子コンサート ~

由紀さおり安田祥子コンサート
有楽町国際フォーラムに お出かけである
正式名[車椅子]自称オープンカー
運転手付?ではあるが
マズイ事に運転手が後部にいるので
私のメイレイ?を 馬耳東風の場合が多い
デモ マッ 久し振りの外出 ウキウキである

コンサートは2時開場なので
出先で軽い昼食をと決まった 

①『歌舞伎座近くのビーフシチュー』
②『宝塚劇場近くの中華炒麺』をと
要望したら「会場から遠いからダメ」と
却下された
異議申立てのイチャモン
並の声では後ろに聞えない
大声出すと世間様が振り向く~アーァだ

「国際フォーラムの中庭に
アウトレットがあるし
樹木があってセイセイするょ」とナダメられた
――『アウトレットがナンボのモンジャ
日本語で言え! タカガ屋台ダロガ!』――

国際フォーラムに着いた
アウトレット=屋台 ナイ
「アレレ」と運転手の歯医者K君ボヤイテル
『バカタレ』と言ってやった
世間様にも後方にも聞こえぬテイドにである

止むを得ず ガラス張りの
小洒落たレストランに入って
急ぎ カレーライスを注文した ガだ
約20年以上前に アチコチの駅前食堂が
使ってた 缶詰カレーソノママの味
涙の出るシオ味!
席を蹴って帰りたいが
車椅子の身である 立てない
ヒゲキという他ない

Yuki090429


コンサートに ひらさわ呉服店
ライオン看板 リニューアル工事の
大工さん親方夫妻を招待した
「由紀さん安田さんの唄で
おかみさんの手が 踊っていたょ」と
K君が教えてくれた

親方に告げたら
「カミさん 大きな声で歌も歌ってたマシタ」
だって
タブン ヤスダサチコセンセの
オセーカタ&ノセカタがオジョウズのセイダ

コンサートでは 「ソレアード」を
安田祥子指揮で 観客一体になって歌うのが
恒例である
― それは夢 見果てぬ夢だけど ―
戦争の無い平和な世界を ―と歌うのだ

情感溢れる由紀さおりさんの唄
「心が洗われるようです」と
幕間にホームページ担当タケウチ君の
お母さまと小柄なきりりと和服姿の伯母様が
ご挨拶に見えた

疲れたが夕刻6時から
打ち上げを兼ねた ソレアードの会パーティに
参加 ガラス張り12階の窓越しに
ビルの夜景が点在して見える
しばしして 颯爽と 由紀安田姉妹が現れた

Yasuda090429


「ゲイノウジンってタフだね」と
K君感嘆しきり
デ言ってやった
『お二人は芸NO人でない』
『芸人』さんなのだ
お客様のお顔を見ると活力が湧く性質なのだ


パーティの福引が大当たり
由紀サマ御着用の カシミヤニットのスーツを
ゲットした
『肌触りがヨイ 今晩から
ワタシのパジャマにスルカ!』とオドシたら
K君
「ウチのカミサンに 着せるから」と
慌ててカバンにしまい込んだ 
本気でワタシが着ると思ったらしい 

― ム、フフフッ 昼間からの仇
やっとトレタぜ ―

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »