« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

男の子だもの

秀抜な笑顔に出会った 悪戯っ子のように
舌を出して破顔一笑 少年のような魅力の
ノーベル賞受賞の益川教授(65才)が
新聞一面を 笑顔の写真で飾っていた
コメントが また素晴しい
「科学には ロマンを持つ事が大事」と
言われている

同じ日コラムに サミュエルウルマンの詩
「青春」を 信条とする東京都日の出町町長の
笑顔の写真があった
「75才以上の町民の医療費全額無料」の
施策を発表した 青木国太郎氏(80才)である
「戦中戦後の厳しい時代を生き抜き
町に貢献した75才以上の方の苦労に報い
お金の心配なく病院に行ってもらい
生涯青春の人生を共に歩みたい」と
コメントしていた

さらに同日「夢を語って」との題で
イギリス保守党の党首デビットキャメロン氏が
3年前の党首戦での演説を
紹介したコラムがあった 
メモなしで19分55秒語り続け
「チェンジ」と9回繰り返し
説き来たり 説き去り
「若者よ 政治を 時間の無駄と考えず
世界を変える方策と 考えて」と訴えたそうだ

冷厳な現実を直視し なおその上に立って
未来への夢の松明を 高々と掲げることが
政治家本来のあるべき姿であり 夢や理念と
現実との『架け橋』が政治なのだと 
私も遅ればせながら キャメロン氏に
喝采の拍手を送りたくなった

キャメロン氏の「チェンジ」は
アメリカ大統領に至近の
オバマ氏の「チェンジ」とも軌を一にする

困難な時代だ 国民に 若者に
夢や変革を語れる指導者を持って
前進出来るなら苦難にも耐えられるだろう
 
― この国には未来を語ることなく
政治への理念を持たず
ひたすら野党攻撃に終始する
政治屋の器 麻生太郎が 首相である ―

夢 笑顔 青春 そうだ そうだ!
思い出して数日前の新聞を
探し出してもらった あった あった!
派遣の若者たちのデモの写真が 見つかった

[今 立ち上がれ 夢のために] 
[青年が夢を持てる社会に]  
[青年が動く時 勝利の光りあり]  と
笑顔の若者が持つ プラカードが林立していた

そうだ そうだ その通りだよ
若者たちよ と 私は 紙面に向って
声をかけた

ウエルマンの詩 「青春」のなかの一節
[青春とは 人生のある期間をいうのではなく
心の持ち方をいう]

私の好きな言葉 

かって ペンションKENホームページに
長い間 書き付けておいたものだ

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »