« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

ヤルキャッナイ! だろ?

若者語は 時折り 珍である
「シュウカツ」と言うから
とんかつや の メニューかと思ったら
「就職活動」の略だった
ワガ一族(ペンション)の居候クン達にも
シュウカツ組がいて
今や 最終ラウンドを 頑張っているところだ 
力にはなれぬが 一緒に悩み
一緒に考えるのだが 難問多しである

続きを読む "ヤルキャッナイ! だろ?"

| | コメント (0)

年功序列と能力主義

残暑が ビルの谷間に 澱むような日中である
秋の展示会の品揃え
最終の仕入れに 問屋廻りだ
何時も息抜きに立ち寄る
プチホテルの喫茶室が消えて
今風のセルフサービスの
ラウンジになっている 入る気がしない

以前は 珈琲の淹れ方も ほどほどな美味で
特段のゴ推奨モノが
手づくりの大きなカットケーキだった
ブルーベリーかチーズケーキか 
それともと? しばし 注文に悩むのも
楽しいひと時ではあった 
小さな手帳を 取り出すのが
似合う喫茶店 が またひとつ消えた

続きを読む "年功序列と能力主義"

| | コメント (1)

心の豊かさ

信州白馬 北アルプスは
3000メートル級の 峻烈な山稜が連なり
今 どの尾根も 紅く染まり始めて
もうじき初冠雪だろう 
高山植物の花々も 名残りの色が
ひときわに鮮烈だ

多摩から 美容院のセンセ6人様が
かやぶき茶屋へいらした
普段 立ち仕事の成果?
みなさん健脚 元気溌剌である
高山植物の宝庫八方池の散策
温泉めぐりをされて ご到着

続きを読む "心の豊かさ"

| | コメント (0)

釣り人一行ご宿泊

あるか なしかの 風に揺らいで
木漏れの朝日が 
やわらかに 窓に 射しこんで来る
今朝は ペンションKENの前の草原で
ブルゾンのお散歩日だ
真っ白な毛並み 優雅な踊るような駆け足
愛好家に連れられた
十数匹の 大型ブルゾン犬の群れは
一幅の絵のようだ
ブルゾンを健康的に飼うには 
芝生のお庭が500坪は要るそうだ

― ドーデも良いョ 勝手にシテクレ! ―

続きを読む "釣り人一行ご宿泊"

| | コメント (0)

訣別

9.11 日本列島が コイズミと そのオッカケ、
バッタに覆われて
恐らく この日を分水嶺に 日本という国から
節度や優しさが 失われると思う
それは多分十年一昔という歳月を要しないだろう

続きを読む "訣別"

| | コメント (3)

アユに宿る武士道

信州白馬 ススキが揺れ 
コスモスが咲き乱れて秋である

御宿かやぶき茶屋に 日刊ゲンダイとつり人社が
取材に見える
ゲンダイは この夏 男のゆかたで
きものひらさわへ おいでだった
セラさん お顔見知りである

続きを読む "アユに宿る武士道"

| | コメント (2)

『だぼシャツ』は超・極・激レアTシャツ!?

思い出すと 小学生の頃の 夏だった
縁側で 母に 出入りの大工「エノさん」が
ダボシャツを手に話をしていた
「おかみさん スイマセンネェ
なんしろ ウチノ カカァは 口ン中にゃ
針一杯入れてやすが 手じゃぁ
針一本持てねェンで」 
聞いててビックリの私が
口中の針=毒舌家 と知ったのは後日だ

数日後の夜 母がお師匠さんで
針一本持った事ない お針子初心者 
エノさんチのヨメさんと
ウチのねえャさんとの
ダボシャツ縫いの講習会?が始まった

続きを読む "『だぼシャツ』は超・極・激レアTシャツ!?"

| | コメント (0)

懐かしや…ヨンさま

ヨンさま ゴ来日である
フィーバーのテレビで オ顔を拝した
ヌヌっ! 「この顔」
何処かで見た事がある アル!アル!
どこだっけかなぁーと 半日 考えた
思い出しましたょ このテの顔
昭和30年代の 銀幕(映画)の
二枚目スター達だ
目元涼しげ 鼻筋通り ふっくらした顔立ち
ニッコリ笑って見える 真っ白な入れ歯!
迄もが ソックリだ?
計算された 気品ある挙措動作
貴公子然とはしている

続きを読む "懐かしや…ヨンさま"

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »