« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

紙芝居の御政道

病院の薬待ちの時間
喫茶店で新聞5紙に 目を通した
郵政民営化 刺客 マドンナ・・
どの新聞もコイズミイイジマ
作 演出の 田舎芝居の広報紙のようだ

刺客の居た 昔 政治を御政道と言った
御が付く貴さ 正道に立ち 大道を歩む
政治の要諦があった

刺客という裏稼業は 品性卑しい
下劣な邪道と蔑まれていた筈だ
マドンナ作戦 これも笑止な話ではある
言うまでも無いが 女性の全部が
マドンナではあるまい
浮気女 尻軽女 性悪女もいる筈だ

郵政民営化が成ると
北朝鮮の拉致問題が解決するのか
イラクの自衛隊 国連常任理事国
靖国問題 などなど 
エトセトラの 目くらまし解散に
ハシャイデいるメディァと
考えなしの高支持率集団がこの国を
確実に破綻に追いやるのではないか
イベント政治を 変えるには
一票では足りないなぁ

| | コメント (0)

由紀さおりさま

---------
ご記憶にあるかどうか
妹は亡くなります 丁度1年前、
由紀さんご姉妹のコンサートへ
出掛けたのが
きもの姿での 生涯最後の外出になりました
その折、由紀さんから「素敵なお着物ね」と
お褒め頂いたとかで
大層喜んでいたものでした
翌日 由紀さんから お礼のお電話を頂き
さらに お葉書を いただきましたことを
由紀さんの よきお人柄の あらわれだと
折りにふれて お噂をいたしておりました

そして今 胸つぶれる思い出が あります
重篤な病床で コンサートの折に求めた
カセットを聴いて
小さく お二人の歌声にあわせて
ラララッ ラララッと
妹が ハミングをしていたことであります
カーテンの外で 私は凝然と
立ち尽くしました
その時の 妹の かすかな 歌声は 
今もなお 鮮やかに
私の耳朶に残っています
そして妹は 毎朝の連続テレビを
拝見しては 由紀さんの おきものの
コーデネイトなどを
お見舞いの誰彼になく
話題にしておりました

何度か妹のために 
お葉書なりともおねだりしようかと
考えましたこと 再々ありましたが
いかにもの 不躾と 控えました

yuki-2 亡くなりました後の あれこれや
納骨の儀 
初盆も過ごして 私も いささかな落着きを
やっと取り戻しつつある所です
私事他事を 書きつらね
恐縮な お手紙になりましたが
どうぞ ご寛容下さい

日々 いっそうな 向暑の砌り 
お姉さまともども お体大事に
ご活躍のほど 心から祈ります

八月三日

| | コメント (1)

嘘 ~七七回忌~

生前 山を愛し 花や自然が大好きだった妹が
五月十八日に
あたかも 薔薇の季節を 送るかのように逝った

七七回忌 四九日の 納骨をすませた

ながく ながい 癌 との 闘病だったが 
終末に 苦しみや悶えの 修羅場がなく 
穏やかで 静かな 今生の旅立ちだった

情報開示 インホームドコンセント 告知を
断固 私が拒否をした

死という絶望の淵に 向かって
歩ませたくはない

明日と言う日が きっと またやって来る
と 信じさせておきたい

小さくとも かすかにでもよい 
希望の灯に向かって 歩ませたいと
切ない思いで いたからだ

妹弟にも 姪たちにも 周囲の人にも
世の中で 大変むずかしい事は
みんなで一緒に 
嘘をつくことなのだがと 頼んだ

むずかしい みんなで ついた嘘を

今 しみじみと  思いかえしているrose

| | コメント (27)

いそうろう

国際女子ソフトボール大会
レセプションに出席

同行者 付け人秘書介護etcオール世話役
居候ヒデトクン

綿パンと靴は私と同じ ゆかたアロハは
柄ちがいなのだ ・・・ガである

ヒデト
「オーナー アロハがカッコヨク
似合いますネ」 牽制球である

「これッテ本染めスッカ
白地に紺イイッスネ」 つり球である

「トンボの柄 ぼかしてあって
自分好きだナァ」 曲球である

「自分チョット着させてもらって
イイッスヵ」 ピーンボールである

「オレ ヌギタクネナ」
ホラネ直球ド真ん中 山形弁 私のマケだ

会場では 私をホッポッテ
右に左に舞い上がっていたくせに
「オーナー節 好調 連発だったスね」だと
そりゃそうだ

クールビズとスーツ 
身内みたいな名刺交換ヤナンダヨな

もうじき社会人 寸言の重み
言葉の遊び 洒落と冗談のちがいhideto

「本を読め 本を!
本に教えてもらえ」と 言おうとしたら
周平さんの「蝉しぐれ」を読んで
時間待ちをしてくれていた姿に
ほのぼのとした

| | コメント (2)

馬子にも衣装~It's a Joke~

光と翳 夏物のきものは 蠱惑的だ
男のきものも 例外ではない
『ジャパンカップ 女子ソフトボール
世界選手権大会 開会式レセプションへ』

夏のきもの“夏大島”と“夏塩沢”に
袴を合わせていると
マネージャーが介入して来た
「白絣がいい 白が断然目立ちます」
メダチャ イイノカ!
「きものだと 大きく見えます」
ドーセ私は 外人バ・ナ・レ?
「きものだと存在感があります」
洋服じゃ カゲがウスイってか!
つまりは 馬子にも衣装と 言いたいのダロ
横浜プリンスホテル会場では
アメリカ選手団に呼び止められた
身長2メートル級がぞろり!
屋久島のセミだょ!オレハ
「アイノースピーク イングリッシュ!」
以外の英語は喋れない

テルアイァ選手
私の写真 見ましたか?」


「2ヵ所に飾ってあります」

テルアイァ選手
「どこですか?」


「きものショップと私のハート」

テルアイァ選手
「キャーッ!」
ギュギュギュっと私の手を握り
「きものを沢山知りたいわぁ!」

soft-tate2 








「私の家にホームステイしなさい」

テルアイァ選手
「キャーッ!」 

「キャーッ」だけでなく 聡明な美しい人だ
『馬子にも衣装』の お陰で 自己主張!
巨きな美女達にモテマシタ

| | コメント (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »