「死なばもろともよ」がわが家の合い言葉。

昭和20年3月9日深夜
「警戒警報発令」で母に揺り起こされた。

当時10歳の私は防空壕に入ると

ひどい喘息発作を起こすので、

母は2歳の妹を背負い、私と妹8歳、

弟7歳の左手を紐で縛って繋ぎ、

いつもの口癖「死なばもろともよ」を

強く言った。

「防空頭巾の紐っ」「水筒っ」「手拭いっ」

「ズック(靴)」と母が点検、

「死なばもろともよ」を2度3度繰り返し、

店の片隅の土壁に母子5人が

肩を寄せ合って座ると直後に

「空襲警報発令」がされた。


低空飛行のB29爆撃機大編隊が飛来、
恐怖の大爆音だった。
真っ昼間のような照明弾破裂。
ドギモを抜かれ震えた。爆弾投下炸裂、
低空飛行襲来轟音、焼夷弾、
続いて油脂グリスのバラマキ炎上。
それが身体衣服にへばりつく―――
死後も顔面が燃え続けていた―――。
起ち上がり、走り出そうとする私たちを
母は「ダメッ」「ダメッ」「水筒! 水っ」と
叫び水を飲ませ、まだまだと励ました。
店前の十字路は避難の人々が右往左往、
混乱極限だ。大風呂敷包みを背負い
逃げ惑う人々に、直前の交番から巡査が
出て来て「荷を捨てて逃げろ」と
サーベルで風呂敷包みを
叩いて回っている。
直後、低空飛行、機銃掃射バリバリバリ、
バリバリバリ。大火災が渦巻き、
火の粉が飛んで、母の背中の
妹の泣き声が「キキー、キィーッ」と
悲鳴に変わった。

母の紐を引く合図で起ち上がり
「手拭い、口にっ」の指示で
外に飛び出た。
パラパラっと火の粉が飛び、
百数十メートル近くに大火災が
迫っていた。バリバリバリ、バリッ。
機銃掃射に再び屋内に逃げうずくまり、
妹弟と3人震えながら抱き合った。
暫くしてB29爆撃機の音が消えて、外で
大勢の人声がどよめくように聞こえた。

「おかみサン、おかみサン!」という
交番巡査の声かけで屋外へ出ると、
烈風の方向が変わり、
火の手が逆向きになった。

数十メートル先は焼け野原、焼け跡が
果てしなく続き、人々が立ちすくんでいた。
2キロ離れた祖母の酒屋が全焼し、
一家4人がわが家へ避難してきた。
「親戚2人が焼死」の報せに、祖母は
「女子ども、年寄りを空から打ち殺すなんて
惨い。アメ公は鬼畜生だ」と
身体を震わせて慟哭した。

平澤建二
(昭和10年生まれ 83歳・東京都)

通販生活2018年盛夏号
―戦争を知らない世代への伝言。―より

20180804_19
昭和19年秋 激しさを増した戦時下で
隣組の相互密告監視体制が強固になった
その秋 「女中禁止令」が出て父は徴用に
召集された
我家では身重な母一人が
幼い私たち4人を守って暮らしていた
翌20年2月初め
栄養不良のまま未熟児を出産
一週間後に死亡させた
母は涙を拭く暇もなくひとり必死に
4人の子育て 商い 家事の全てをこなす
激務の中にあって 3月9日
悲惨な東京大空襲に遭遇したのだった
 

| | コメント (0)

信州白馬村 御宿かやぶき茶屋 御挨拶

4_3

1_3

2_3

3_2

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4



| | コメント (0)

珍客 シアトルからのお客様 ~日本人が忘れたもの~

かっての 江戸っ子的東京っ子は
満足の買物を終えると ほぼ一様に言った
殿方は「釣りは要らないょ
取っといてくれ」と 小気味よい口上で〆た

ご婦人は「ご面倒掛けたわネ
サショウ ダケドそちらへ」と
これ又 粋だった
この手の方は 昭和の時代迄の存在で
今や ほぼ絶滅危惧種である

対する商人も
『ハンパは タネ銭に お預け致します』と
端数のオマケをしたり
特段の事情に『算盤を忘れまして』と
お客様の懐具合に合わせ
値引商いをしたものだが
これ又 近頃 パンダかトキのタグイで
希少な骨董的生物になったようだ
ワガひらさわ83歳店主は
そのタグイ 折々番頭サンに
ニラマレル事シバシバである

某日 午前10時半朝食
コーヒーひと口の所へ 店員Mさんが
顔を出した
「外人さん4人さん 浴衣のお買物です」
「二階展示室にしましょうか」と聞かれた
『そうだね お楽しみに
振袖も見て頂いて!』と私
Mさんは ご主人のお仕事で
海外生活が長かった
言葉も十分 お選びも浴衣なら
任せて大丈夫と思っていたら
コーヒーふた口目に?→
室内電話で呼出し→二階行だが→
体調不調『ヨッコラショ』と→車椅子→
二階へのリフトに『ヨッコラショ』→
二階専用車椅子に乗換え『ヨッコラショ』→
ヨッコラショ ヨッコラショの連チャン移動だ

1_20180418_12_49_20


外人サンは男女4人
二組ペアと思ったら
ホテルで知り合った仲だそうだ
浴衣お買物は 身長195㌢の男性
マサに(車椅子から)見上げるような
巨漢である
当然だが 既製品の【仕立上り浴衣】では
ツンツルテン テンデ サマにならない
「土産だから これでヨイ」と外人サン
 『売れればヨイでは のれんがスタル』と
店主 通訳Mさんの意訳らしい説明に
大きく頷いたOKサインの外人サン
あれこれ迷われたが
粋な縞柄の東京本染浴衣を選択された
さて仕立が大至急
仕立屋さんに店主が掛け合いで
外人サン滞在中の二日間で
ご納品にこぎ着けた

店主『ペラペラプリント外国製浴衣は
国辱物?』だと気炎を挙げ
『日米親善ダカラ?』と
ゴ機嫌ジョークで オ値段大勉強
仕立代角帯を含め
合計金弐萬九千数百円也にした

2_20180415_11_12_02

3_20180418_11_19_12

お会計のMさん 素っ頓狂な声を上げた
「社長! オツリは 要らないと
仰ってマース」
『折角だから 頂いてオキナサイ?』~~
サービスに「扇子を差し上げて」と
指示したら シアトルから来日された
お客様ニックさん 両手広げて
大喜びだった が 一件落着とは
ならぬ後日談 続々だった

4_20180418_11_42_28

» 続きを読む

| | コメント (0)

嘘つきは泥棒の始まり

「ウソツキハ ドロボウノ ハジマリ」
「嘘つきは泥棒の始まり」である
森友問題で「ソンタク」「忖度」と
カマビスシク「カイザン」「改竄」と
ヤカマシイが
―「忖度」本来は 相手を思い遣る
日本人の心象であり
そんなに悪い事でもない―
問題は「改竄」と言うウソゴマカシを行い
国民を欺いた大ウソツキが
官僚だった事だ

「公僕」の言葉が死語に等しくナッチャツタ
小役人と蔑称された連中は 忖度で無く
上役に「オモネル」が得意技
阿る=オベッカ:オベンチャラ:ゴマスリ
自尊心無し 恥知らずなのだ
モトモトは 国民の税金の中から
給料をモラウ自分の身分「公僕」を
勘違いして 上役にオモネリ
「カンテイ筋」に忠誠を盡す佐川長官
このままでは退職金5千万円は
ドロボーノハジマリと 心すべきだ

「イラク戦争の日報問題」も
本来只事ではないのだ
次世代の日本人の 文字通り
死活に関わる問題なのだ

「自衛のための自衛隊」と言う 
「ウソツキ」の上塗りに
イラクへ海外派兵を行った
更にその「嘘」に重ねて
戦闘のあった事を隠す「嘘」を
シャアシャアと吐いたのが
稲田朋美元防衛大臣であり
白々しくマジメ顔で嘘セツメイが
小野寺防衛大臣である

75年前 大東亜戦争太平洋戦争で
敗戦のその日まで 「勝った勝った」の
大本営発表
嘘の吐き放題だった為に
戦死者310万人
その内無残にも餓死者が4割だという
戦争責任 敗戦責任で言えば
上役指揮官ほど重い筈だが
戦後の軍人恩給年金では
上役ほど高額受給だったが
責任を感じての辞退者は
数えるえるほども居なかった
イケ シャアシャアと言うべきかダ

ウソツキではナイ と 信じたいが
新聞で報じられた 国会議員の
資産報告を読んで 唖然 呆然とした

【小泉進次郎代議士】所有
〈土地建物〉ゼロ〈預貯金〉ゼロ
〈借入金〉ゼロ〈車〉ゼロ
〈ゴルフ会員権〉ゼロ〈株式保有〉ゼロ Etc
オールゼロなのである

30代後半 独身 少なからぬ報酬を
「トッタカ ミタカ」ZERO行進!
「国民の範」たれと迄は 言わずにおくが
未来の宰相の器の行跡では無い
ご当地ソング的 遊説隊長が
国民的人気とは 世も末ではある

| | コメント (0)

その時カンナが咲いていた⑤ ~ギブミイチョコレート~

「アメリカは 女子供を殺した」
と父は話を継いだ
綿入れネンネコで 背負われた赤ん坊や
幼児が 機銃掃射を浴び
焦煙に巻かれ死んだ
虚ろに 死児を抱いて
涙の涸れた母親がそこ ここに いた

「なんまんだぶ ごめんなさい
なんまんだぶ ごめんなさいよ」
と父は 自転車を担いで歩きながら
ふと見ると 赤ん坊を抱いて
お乳を飲ませている
若い母親がいたそうだ
思わず父は 見知らぬその母子に
「おかみさんっ!」
「よござんしたね!」
と声をかけ~ しばし しばし  絶句した

「その赤ちゃんはな……」
「その赤ちゃんは 死んでいた……」
父は泣いた 父は震えるように 泣いた

「粗相で取り返しのつかない事を
言っちまった」
「あの日の赤ちゃんや
無念の仏さんにせめて……」
「戦争に負けたこの日が
田舎のお盆のご因縁で」
「母さんと二人で お線香を あげている」

~父には それ以上の 言葉が
続かなかった~

20180314094039_00003
空爆で半壊した民家を片付ける人々

しばしの沈黙の後 蝋燭の火が消え
陽の翳りが感じられた
母が小さく呟くように言った
「紙一重なのょ “生きてる”ってのが」

そして私の顔を見詰めながら
「戦争に負けたからって
根性までは 腐らせはしない」と
語気を強めた

“ギブミイ”あの時のことだと私は直感した

「犬猫相手じゃあるまいし食べ物投げて
それ拾って人間のカスですょ」
と母はきっぱりと言い切った

ねえやさんが 蚊取り線香を持って来た

父と母の顔を見比べて
そっと私は立ち上がり
滑るように縁側を降りた
庭木戸を開け 一目散に駆け出した

近所の防火貯水池の土盛りの上に立った
おぼろげな理解
“ギブミイ”への父と母の怒りが
沁み入るように胸にひろがった

池の渕に 幾つものカンナの花が
咲いていた

昏れゆく陽射し 池の水面に
カンナの花が映り
小石を投げると カンナの朱がめらめらと
空襲の夜の炎のように揺れた

(終)

| | コメント (0)

その時カンナが咲いていた④ ~ギブミイチョコレート~

ギブミイ騒ぎに「掛け合って来る」
と 怖い顔をして出て行った父は
夜になっても戻って来なかった
そして 夕餉の膳に
父の箸 茶碗が置かれて無い何故か
何なのか 大事な事が起きたのか
父がどうかしたのか
尋ねたくても母の緊張しきった
張りつめた面持ちに
私は一言も切り出せず 食事も早々と終え
胸の中がモャモャのまま
その晩 まんじりともせず
寝つかれなかった

翌朝 登校すると クラス中の話題が
ケンちゃんチ(私)の事件を中心に
沸騰していた

「ケンちゃんチのオジサンが
アメリカと喧嘩した」
そして
「ブタバコに入れられた」と
幼い級友たちの噂話が
父に関する私の知らぬ真相の核心を
明らかにしたが 帰宅してもその真偽を
母にも ねぇやさんにも 聞けぬままに
幼なかった私の心には
しこりが澱んでいたものだ

忘れるともなく忘れていた
ギブミイチョコ騒動から 時日が経過して
その日は 後から気がつくと
八月十五日だった

「旦那さんが いらっしゃい って」と
女中さんに告げられ 茶の間に入ると
何故か 盆提灯が飾られて
緊張した面持ちの父と母がいて
固い雰囲気が 張り詰めていた

父は「そこへ お座り」と言ったきり
しばし 押し黙っていた
母が ぎこちない仕草で 盆提灯の蝋燭に
マッチで火を灯した
それをきっかけのように
軽く咳払いをした 父が話し始めた

20180314094039_00001

「今日は 田舎の お盆だ」
と切り出した父が
こみ上げる思いを抑えるかのように
かすれた声で 語り出したのは
【東京大空襲】痛恨の惨禍についてだった

東京大空襲の未明
自宅の類焼をまぬがれた父は
出入りの職人さんたちの生死や
安否を知るべく
必死に自転車を漕ぎ 浅草に向かった

隅田川を挟んで対岸の向島に着き
望見すると 浅草松屋百貨店の各階から
火柱が吹き出していた
渡るべき橋の何処もが と言いかけて
父は 吐き出すように咽び泣いた
「ほとけさんが……
言い方悪いが ほとけさんが
ごろごろと……切ない…ね…
ご遺体がご遺体が……だ
真っ黒焦げになって、だ、 ぞ、建二っ
道をふさいで……いたっ」

(⑤へつづく)

| | コメント (0)

その時カンナが咲いていた③ ~ギブミイチョコレート~

そして思い切って一枚全部を口に入れた
恐る恐る噛むと だんだん味が
薄くなるのが心細かったが
私は味がなくなった分
大胆にクチャクチャ噛みながら
この初体験の自慢話をしょうと
家に帰ると 店へ廻り『ただいまァ』と
父に声をかけた

「お帰りぃ」
「建二 何食べているんだぃ」
「道々 歩き歩きでものを
食べてはいけませんょ」
父の言葉をさえぎって待ってマシタと私は
“チューインガムを クチャクチャやると
歯磨きになる エーセーにもイイ”
と力説シタものだ

『それでサァ アメリカさんはサ』と続けた
『虫歯が無しで 大きく成れるンだってサ』
と コマッシャクレタ変な能書きも
並べたてた

「フーン」と父は 半ば呆れ
感心したかのようでもあった

「そのチューインガム 高いのかぃ?」
「どこで買ったんだぃ?」と父に尋ねられて
調子に乗った私は 本日の出来事
アーメン幼稚園での成果の 一分始終を
得々と喋り出した

得々と喋る私の話の佳境というべきか
アメリカ兵が ガムやチョコを
放り投げた話に
及ぶと にこやかだった父の顔付きが
一変した

「お前! 拾ったのかっ!」
「アメ公! 地面に投げたのかっ!」
凄まじく怒り出した父の形相に気負わされ
私は声を呑んで コックリと頷いた
間髪おかず 父の拳骨が飛んで来た
よろめく私の腕を掴んで
二発目の父のゲンコが
私の顔面に炸裂した
店番のシズちゃんが「旦那さぁーん」
と止めに入った

大声で泣き叫ぶ私の騒ぎに
母と女中さんが奥から飛んで来た

「お父さんはまったく手が早いんですから」
「子どもの言い分を
良ぉく聞いてやって下さいましな」

母の仲裁に力を得て
私は泣きくじゃりながら事の顛末を告げた
ところが ガム拾いに話が及ぶと

「お黙りぃっ!」
鋭く母が言った
「乞食は ウチの子じゃありません!」
「口から出しなさいっ!」
と 母に頬をツネリ挙げられた
ガムを吐き出して私は
『ガムは 口に入れとくモノなのにー』と
抵抗を試みたが
「恥知らず!」と 母に一喝された

母は先年九十三才で亡くなったが
烈火の如き怒りを露わにしたのは
後にも先にも あの時だけだ

「拾って食べて良いのは
節分の豆だけっ!」
「武士は食わぬど 高楊枝!」

立て続けに飛び出す
母の小気味良い啖呵の連発に
ドキマキしながらも 私は
言葉の意味がワカラナイと
最後の抵抗をした

「腹は減っても ヒモジュウナイ!」
『ワカラナイょ ウチはサムライじゃなくて
アキンドでしょ』
「ナマ お言いでない!」
母からも 平手打ちが飛んで来た

母は衿元を直して 父に向き直り
頭を下げて言った
「お父さん申訳ございません
私の躾方が悪うございました」
父は小さく頷いたあと
「掛け合ってくる」と店を出た

目の前の交番から出て来た
お巡りさんの制止を振り切るかの
様子でもあった

母は 店の前に立ち続け
父の後姿を追うようにして
何度も何度も小さく 頭を下げていた

~ その晩 父は帰宅しなかった ~

(④へつづく)

| | コメント (0)

その時カンナが咲いていた② ~ギブミイチョコレート~

カッちゃんの情報を整理すると こうだった

我が家から1.5㎞程離れた所に今
アメリカさんがアーメン(キリスト教)の
幼稚園を建てている

そこへ○曜日に来るアメリカの兵隊が
集まった子供達に
チョコレートとチュウインガムを 
ジープの上から放ってクレルというのだ
従って人数の増加は好ましくない

「シミツ(秘密)だょ」と カッちゃんは言った

「ソンデモッテさ ソン時にはサ」

「ギブミィ チョコレート!とかサ」
「ギブミイ チュウインガム!ってってサァ」
「ミンナ口揃えて エイゴで
ゴアイサツするんだ」と カッちゃんは
細かな指南もしてくれた

「ダァレニモ 内緒ダカンネ」
と カッちゃんに念を押されて
私は 父や母にも内緒で当日を迎えた

やがて○曜日『ギブミイ チョコレート』
『ギブミイ チューインガム』
私は あたかも念仏か 呪文のように道々
小さく声を出して 唱えながら
チョコ ガム獲得に? 出向いたものだ
   
道幅6m 駅から約2㎞の道程が
荒川の土手に行き着くまで両側は
びっしり大小の商店が 立ち並び
その商店通りから やや奥まって
バタヤ部落と賤称されたあたりが
後年の 愛恵学園建設地であった

既に 数十人の子供達が
ガヤガヤと集まっていた

やがて しばし 現れたアメリカ兵が
もったい振った大げさな身振りで
ジープの後部に乗った

B29
B29の空襲を受けた後の後片付けの様子

私もふくめ子供達が一斉に
「ギブミイ チョコレート!」
「ギブミイ チユーインガム!」
と 囃し立てた
三人のアメリカ兵は 大きく両手を広げて
静かにというような ゼスチャーをした

そして次にシーンとなった私達
子供に向って
指揮者のように片手を振り下ろした

またまた子供達は 黄色い声で
絶叫するように
「ギブミイ チョコ!!」
「ギブミイ ガム!!」と
声を揃え大歓声を上げ続けた

ギブミイチョコレート!
ギブミイチューインガム!
子どもたちが振り絞るように大声で叫ぶと
ジープの幌 すべてが外され
仁王立ちのアメリカ兵3人が
片手を挙げたり 両手を拡げたりして
子どもたちの叫び声と静粛とを
自在に操った

喜色満面のアメリカ兵は
それを 何度も何度も 繰り返した後で
やっとガムやチョコを 放り投げ始めた
子どもたちは 嵐のような嬌声を挙げて
右往左往ぶっかりあい もうもうと砂埃り
砂塵が舞いあがり 大混乱になった
私も駆けたり 転んだり やっとの思いで
2枚のチューインガムを拾って
ポケットに入れた

銀紙に包まれた2枚のチューインガムを
ポケットから そっと出したり入れたり
見つめたり溜息をついたり
たまらなくなって私は 帰りの道筋
鳩ポッポのいるお不動様の境内に入った

銀紙をあけ 寄って来た鳩を追い払い
ほんの少しだけチューインガムを折って
口に入れてみた

ガムは 紙芝居で買う昆布
駄菓子屋のニッキとは 比較にならない
それはもう 天国の味だった

(③へつづく)

| | コメント (0)

«その時カンナが咲いていた① ~ギブミイチョコレート~